ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

CDのコレクションがずらり並ぶオープンラックは長さ9m!空間の奥行き演出にもなっています。

収集した雑貨や本、グリーンなど、実は置きたいものがいっぱいあるリビングダイニング。こんな壁面収納があったら、飾りがいがありそうです。

既製品のレールを合板に取り付けて作った、オリジナルのカーテンレール。小物を飾る棚としても活躍。

コンクリートの梁にアンカーを打ち込んで家の中でブランコ!2×4材でできた本棚や仕切りもハシゴのようで、なんだか遊び場みたいなリビング。

CDやオーディオがぴったり収まるリビング収納と壁面の余白の残し方が秀逸!

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

木の引き出しと天板がアクセントになったリビングボードは、制作費約38万円。こんな収納があったら、リビングが一気に華やかになる。

ラフなイメージが強いラワンですが、濃いブラウンの着色と真鍮製のシンプルな取っ手でシックな仕上がり。

ラワン材で造作したオープン棚付きキャビネットとデスク。収納家具に統一感があると、飾るのもしまうのも上手にできそう。

長年使い込んだとうな風合いのヘリンボーンフローリングは、アンティーク加工品。板が幅細で一層クラシカルな印象。

ブルーグリーンの壁の中はサニタリー。そのまわりをぐるりと回遊できる間取り。建具を設けないことで視線が四方に抜けて広がりを感じられます。

異なるトーンのグリーン2色で壁を塗り分け。空間にコントラストが生まれて奥行きが感じられます。

ガチャレールを使ってリビングの一角に子供のデスクスペースを造作。成長に合わせて変えていきやすい。

筋交いがブックエンドの役割も果たしてくれる、無骨な棚受け金物が印象的。

小上がりスペースが設けられたリビング。洗面脱衣室はカーテンで仕切れるように天井にカーテンレールが付いています。

リビング壁面に水平に伸びる棚と洗面室に抜ける開口が、「その先」を匂わせて空間に奥行きをつくります。

キッチンからリビングまで続くオープン棚。どう飾るのか、どうしまうのか、考えるのが楽しくなりそうです。

窓側の壁面がすっきりして見えるのは、壁をあえてふかして、シェードと壁の面が揃うように仕上げているから。AV棚の足元を浮かせているのも、すっきり感演出のポイント。

階段状のシェルフにはTVと…洗面台! 朝は明るい光の中で身支度、夜はソファに腰掛けながら歯磨き。家族とのコミュニケーションも取れるし、「リビングに洗面台」というアイデア、すごくいいかも。

壁に取り付けた棚とキッチン、キッチンの吊り棚と壁のスリット開口。水平に伸びるラインが空間を伸びやかに見せます。

「隠す」と「見せる」、「高い」と「低い」のメリハリを効かせて、圧迫感のない壁面収納。

窓を囲むように収納を造作して、窓の前はテーブルのようにも使えるベンチに。梁部分の奥行きの浅い棚は本や小物を置くのに便利そう。

高さ1820mmのシナ合板壁の奥にあるのは、ワークスペースと寝室。天井まで壁をつくるのではなく、置き家具で仕切るような感覚で、狭苦しさを感じさせない空間に。

座ったり寝転んだり腰掛けたりと、フレキシブルな畳の小上がり。ウッドデッキを敷いたバルコニーは、リビングとひと続きの感覚で使えそう。

ダイニングからキッチンまで連続した収納が壁面を彩っています。背板をなくし、真ん中ラインを開けて圧迫感が出ないようにしているのもポイント。

キッチンの横に設けたカウンターデスクは、家事の合間にパソコン作業や息抜きができて便利そう。

リビングの壁に設けたニッチ収納。上部のアーチが飾るものを引き立てます。

モルタルで造作したキッチンとアーチ型のニッチが印象的。ベージュ色に塗装した壁が、空間に落ち着いた雰囲気をつくっています。

キッチンカウンターやダイニングの吊り戸棚、天井仕上げの切り替えなど、同一方向への視線を誘う工夫が開放感を生み出しています。

白い壁、グレーの梁、板貼りの天井。空間に落ち着きをもたらすグラデーション。梁を利用した飾り棚も真似したいアイデア。

1 | 2 | 3 | 4 | 5