ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

長居したくなる漫画棚付きのトイレ。家族で争いが起きないか心配になりますが、常時過ごす場ではないので、収納スペースとして考えることもできますね。

トイレの背後に古材をプリントした壁紙を貼ってアクセントに。

床と壁、同じ白でも素材で切り替えるとアクセントになります。

すっきり何もないトイレ空間。床のタイルと真鍮色のペーパーホルダーが印象的です。

トイレにスマホなどをおけるちょっとした棚があると便利。壁の上部に付けた扉付き収納は天井付けにせず、ちょっと間を空けて抜け感をつくっています。

白でまとめたサニタリー。家具のようなデザインの洗面台は、足元が浮いていて空間が広く感じられます。

空間そのものはシンプルですが、ペーパーホルダーやタオルハンガーを凝ったデザインのものにするだけで空間の見栄えが変わります。

トイレ一体型のサニタリー。洗面器を載せた台をトイレの邪魔にならない形でギリギリまで伸ばして、小物置き場やスキンケア場所に。こんなちょっとしたスペースがあると作業に便利ですよね。

壁の一面をアクセントカラーで仕上げたトイレ。使っているのは抗菌作用のある塗料。

白いシンプルな空間に、ちょっとだけ見せたコンクリート躯体壁が効いてます。木の天板や巾木もアクセント。

彫刻のような造形のドアノブがシンプルな空間のアクセントに。鍵にはあおり止めを採用。

鮮やかカラーの壁紙を一面取り入れるだけで、トイレ空間の居心地はがらり変わります。

コンパクトになりがちなトイレも、色壁や間接照明などの工夫でゆとりを感じる空間に。

壁の一部にライン状に貼ったモザイクタイルがアクセント。

古いアパートのトイレが、床と壁をペンキで塗るだけでレトロかわいいに。便座も変えてさらにイメチェン。

フェミニンな印象が強い花柄の壁紙も、紺色ベースだと大人っぽい。

床も便器も既存。壁紙を変えるだけで、レトロフューチャーな空間になりました。

珪藻土の壁は住人がDIY。DIY塗装にトライするなら、こんな小空間からがオススメ。

ドアは四角って、誰が決めたんでしょう?

床のモザイクタイルは特注柄。こんな風に、自分だけのオリジナル柄のタイルで部屋を飾ってみたい。

角材と板を不規則なリズムで貼り上げた壁。ペーパーホルダーはパイプ管です。

手洗い器にしているのはアンティークのタライ。水栓は既製品にパイプを組み合わせて長さ調整。

釉薬タイル貼りの壁が重厚な雰囲気。

ブロック壁とタンブラスイッチの組み合わせが、インダストリーな雰囲気を高めてます。

アンティークのキャビネットを洗面台にアレンジ。

ステッカーひとつで、既存のレトロな便器がアートピースになっちゃいました。

床と壁はざっくり、金具や鏡で飾り気をプラス。

黒と白で壁を塗り分け。上方向への奥行きを感じます。

便座を黒にしただけで、トイレがスタイリッシュになるから不思議。