ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

壁の一面をアクセントカラーで仕上げたトイレ。使っているのは抗菌作用のある塗料。

白いシンプルな空間に、ちょっとだけ見せたコンクリート躯体壁が効いてます。木の天板や巾木もアクセント。

彫刻のような造形のドアノブがシンプルな空間のアクセントに。鍵にはあおり止めを採用。

鮮やかカラーの壁紙を一面取り入れるだけで、トイレ空間の居心地はがらり変わります。

コンパクトになりがちなトイレも、色壁や間接照明などの工夫でゆとりを感じる空間に。

壁の一部にライン状に貼ったモザイクタイルがアクセント。

古いアパートのトイレが、床と壁をペンキで塗るだけでレトロかわいいに。便座も変えてさらにイメチェン。

フェミニンな印象が強い花柄の壁紙も、紺色ベースだと大人っぽい。

床も便器も既存。壁紙を変えるだけで、レトロフューチャーな空間になりました。

珪藻土の壁は住人がDIY。DIY塗装にトライするなら、こんな小空間からがオススメ。

ドアは四角って、誰が決めたんでしょう?

床のモザイクタイルは特注柄。こんな風に、自分だけのオリジナル柄のタイルで部屋を飾ってみたい。

角材と板を不規則なリズムで貼り上げた壁。ペーパーホルダーはパイプ管です。

手洗い器にしているのはアンティークのタライ。水栓は既製品にパイプを組み合わせて長さ調整。

釉薬タイル貼りの壁が重厚な雰囲気。

ブロック壁とタンブラスイッチの組み合わせが、インダストリーな雰囲気を高めてます。

アンティークのキャビネットを洗面台にアレンジ。

ステッカーひとつで、既存のレトロな便器がアートピースになっちゃいました。

床と壁はざっくり、金具や鏡で飾り気をプラス。

黒と白で壁を塗り分け。上方向への奥行きを感じます。

便座を黒にしただけで、トイレがスタイリッシュになるから不思議。