ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

濃い茶色に塗装されたワラン合板の壁や戸が、ちょっと昔懐かしい雰囲気。柄の異なる型板ガラスもアクセントに。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

ステンドグラスに挽物加工された階段手摺、ルーバー建具は既存のもの。古い建物ならではの意匠を活かすのも戸建てリノベの魅力。

時代を感じさせる下足入れ。新しく貼ったフローリングとのギャップが面白いですね。

空間をゆったり感じさせているのは、幅広のフローリング。寝室に続く室内窓も、奥行きの演出に役立っています。

キッチンはレンジフードとコンロだけ変えて既存を利用。床や建具などまわりの内装を変えたことで、レトロかわいさが引き立つキッチンに。

壁の下部分だけタイル貼りに。昔の日本の家のお手洗いを思い起こさせる、玄人なレトロ感演出テクニック。

長年使い込んだとうな風合いのヘリンボーンフローリングは、アンティーク加工品。板が幅細で一層クラシカルな印象。

古い木造日本家屋に大柄のクロスという組み合わせがレトロフューチャーな雰囲気。隣室へ続く開口のアーチも効いてます。

キッチン正面の壁は段差を設けて、スパイスなどの小物を置ける場所に。生活感が出がちなキッチンツールも、ハンガーバーのデザインに気を配れば「見せる収納」に。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

ベージュのランタン型タイルとネイビーの組み合わせがエキゾチックなキッチン。造作した吊り戸棚のデザインも素敵。

室内窓の先は玄関と廊下。ダイニングキッチンから、帰宅した家族の様子が確認できます。

おとぎ話の世界につながっていそうなドアがかわいい。ベージュの壁もやさしい雰囲気をつくっています。

天井がゆるく勾配したLDK。開放感と落ち着きが絶妙にバランス。

ガラスブロックや型板ガラスはもともとのもの。ブルーグレーで塗装したドアと工業系照明で、レトロな雰囲気を再現。

水はねしやすい箇所にタイルをポイント貼り。レトロなデザインの水栓との相性もGOOD。

レトロなスイッチを飾るように壁に並べて。

昔のビルに使われていそうなタイルが渋い。壁の塗装と足場板の棚は住人がDIY。

もともとはペカペカのフローリング。足場板を貼っただけで、レトロなストーブや古い家具が似合う部屋に。

レトロなタイル柄のクッションフロアでキッチンをイメチェン。既存の床の上から貼れるから簡単です。

合板仕上げの壁や収納。昭和のモダニズム建築を思わせるマテリアル使い。

ディスプレイ棚やドレッサーをこんな風にタイルで彩るのもいい。

ヴィンテージな色合いのタイルが印象的。紫との組み合わせが渋い。

色も形もレトロ感たっぷりのタイル。

見た目からしてタフな業務用キッチンは、料理を積極的に楽しみたくなる。ハンガーバー付きの吊り棚も便利そう。

リビングへと誘うレトロなドア。リビングへの出入りが楽しくなりそうです。

床は洗い出しの三和土(たたき)。踏みしめる度にジャリっというアレです。五感で味わう昭和レトロ。

懐かしい緑色の黒板と古い和建具がレトロな雰囲気をつくってます。メモも落書きも空間の彩りに。

キッチンを囲むテーブルは、組み合わせると大テーブルにできる便利な仕様。たくさん吊るしたエジソン球がレトロ。

1 | 2 | 3