ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

独特の表情をしたドアは、木製ドアを「アイアン塗料」で仕上げたもの。ちょっと懐かしさのある色味に仕上げた有孔ボードと相まって、適度なラフ感。

収集した雑貨や本、グリーンなど、実は置きたいものがいっぱいあるリビングダイニング。こんな壁面収納があったら、飾りがいがありそうです。

本棚を並べれば「廊下」が「書斎」に。憧れの壁一面の本棚も、こんな方法なら実現しやすそう。

シンプルな棚受けで軽やかなオープンラック。カウンターデスクも足元をすっきりさせています。

既製品のレールを合板に取り付けて作った、オリジナルのカーテンレール。小物を飾る棚としても活躍。

リビングの一角に設けた奥行き約40cmのカウンターデスクは、置き机より軽やかな存在感。家族みんなで使える場所です。

CDやオーディオがぴったり収まるリビング収納と壁面の余白の残し方が秀逸!

ニュアンスのあるグレーの塗装を施した壁が空間のアクセントに。デスクや棚に置いた物も映えますね。

「間柱」と呼ばれる柱と柱の間に入れる材とラワン合板でDIYした間仕切り壁に、小物や絵を飾ってみる。

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

木の引き出しと天板がアクセントになったリビングボードは、制作費約38万円。こんな収納があったら、リビングが一気に華やかになる。

階段下にベッドを配置してスペースを有効活用。屋根裏的気分が味わえそうです。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

壁面にガチャレールを取り付ければ、棚の位置は自由自在。余白を残した棚板のレイアウトと物の配置が、壁面収納の印象を軽やかにしています。

居室と仕切りなくつながる土間玄関。ワークスペースで過ごす時は、玄関側まで同じ空間として広々感じられます。

壁面いっぱいを覆うのではなく、ショートスパンで取り付けた棚が軽やか。正面の壁の奥に空いた穴も、空間に抜け感をつくっています。

異なるトーンのグリーン2色で壁を塗り分け。空間にコントラストが生まれて奥行きが感じられます。

お気に入りのうつわたちを背後のタイルが引き立てます。ミラーLED照明で間接照明にしているのも映えポイント。

クライミングホールドの取り付け用に仕込んだボルト穴を利用して、ボルトを物掛けに。

筋交いがブックエンドの役割も果たしてくれる、無骨な棚受け金物が印象的。

小上がりスペースが設けられたリビング。洗面脱衣室はカーテンで仕切れるように天井にカーテンレールが付いています。

CDのコレクションがずらり並ぶオープンラックは長さ9m!空間の奥行き演出にもなっています。

キッチンからリビングまで続くオープン棚。どう飾るのか、どうしまうのか、考えるのが楽しくなりそうです。

廊下が「ただ通るだけの空間」じゃもったいない。壁面に有孔ボードを取り付ければ、専用パーツでいろいろ収納したり飾ったり、後から棚板を足すことも。「趣味を飾る空間」として楽しめます。

「廊下」をただ通り抜けるだけの場所にするのはもったいない。質感のある壁とお気に入りを並べた本棚で、特別な場所に。

アートとアクアリウムが飾られたギャラリーのようなサニタリー空間。ついつい長居してしまいそう。

洗面器の横にアクアリウム。天井の照明を点けず、アクアリウムの光だけで過ごしたら、幻想的な気持ちになれそう。

玄関から奥のリビングまで続く棚は、住まい手が好きなアートやグリーンを飾るギャラリーコーナー。こんなふうに、廊下の幅を広くして本の収納やコレクションを飾るスペースを確保する技、いいですね。

レコードプレーヤーを置いたヴィンテージのデスクと、それに合わせて造作されたCD棚。一体感があります。

塗装しただけのプレーンな壁も、アートを飾るのにはうってつけ。うっすらグレーなので、一層アートが映えます。

1 | 2 | 3 | 4