ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

天井高さ約245cmのマンション。布団を敷いたロフトは床面から天井まで約100cm、下のクローゼットは天井高さ125cm。梁が間仕切り代わりになっているももユニーク。

間仕切りを兼ねた収納は、将来の間取り変更に対応できるよう、床を壊さずに取り払えるように作られています。

収納上手への道は収納づくりから。そんなことを思わせるIKEAの収納システムを使ったクローゼット。

天井に取り付けたハンガーパイプは、下に家具も置けるし、ちょっと掛けができて便利そう。

クローゼットの上部に注目。収納場所に困りがちな帽子も、これならホコリかぶりを防ぎつつ収納できます。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

ハンガーパイプとオープンラックを取り付けた広いウォークインクローゼット。そこでの着替えや衣服の片付けが楽しくなりそうな空間です。

ラワン合板で造作した引き戸がシンプルな空間のアクセントに。吊り戸式で床にレールがないので、引き戸を開けた時に床が広々感じられます。

建具ではなくカーテンで隠せるクローゼット。玄関からすぐアクセスできて身支度が便利そう。

玄関から寝室へ続く通路を兼ねるウォークインクローゼット。「家族しか入らない場所」を見極めて、スペースを有効活用するアイデア。

片側は高さのある収納に、もう片側は足元を浮かせた腰高さの収納にして、玄関に広がりを演出。

玄関直結のクローゼット。物の一時置き場にしたり子供の遊び場になったり。仕切らないことでフレキシブルな場所に。

IKEAのロフトベッドを使って子供2人のスペースを確保。間の間仕切り壁は取り外しやすいように立てて、将来の部屋の使い方変化に対応。

洗面室直結のウォークインクローゼット。朝夕の身支度がスムーズにできそう。洗面台のシンク横にスペースがあるのも便利そうです。

ユニークなデザインのコート掛けは、設計士に依頼して作ってもらったオリジナル。

キッチンと寝室の間の壁には丸窓が空いていて、顔を合わせてコミュニケーションできます。寝室は小上がりの床下を収納にして収納量をUP。

玄関から住戸の奥まで見通せる、光と風が全体に届く空間。左側のカーテンの奥はウォークインクローゼットになっています。

OSB合板で囲まれたクローゼットの上はベッド。子供たちの2段ベッドも壁で囲んでブースに。約66平米に親子4人が暮らすためのアイデア。

上部に棚を設置して、その下にパイプハンガーを取り付け。3面型のウォークインクローゼットは物が識別しやすくて便利そう。

梁に付けたパイプハンガーは、室内干しにも活躍しそう。ライティングレールにも専用プラグでフックを取り付けて、インテリアを楽しんでいます。

単身男性の住まい。WICを通ってサニタリーにアクセスする動線が効率的。圧迫感を出さずにクローゼットの内部を隠す、絶妙な透け感と光沢のカーテンのセレクトがうまい!

寝室と玄関の土間のあいだに設けたウォークスルークローゼット。帰宅時の身支度が簡単そう。奥の土間は納戸で、玄関に続きます。

箱のように置かれたトイレの奥はウォークスルークローゼットで、リビングにつながっています。クローズドな空間のない、光と風が抜ける回遊性のある間取り。

ちょっとした作業ができそうな広い土間玄関。姿見のところはドアになっていて、クローゼットに続いています。上の棚に付いたハンガーバーが便利そう。

プレハブ住宅のリノベーション。軽量鉄骨の小屋組を露出させて上部が広々開放的。照明の吊るし方もユニークです。

天井付近にポリカーボネートをはめ込んで、抜け感の演出と明かり取りを両立。シナ合板壁の高さと収納の高さが揃っていてすっきり。

造り付けに見えるこの収納、実はキャスター付きの可動式。柱間のサイズに合わせて、建具も収納も位置を変えられる仕様になってるんです。

荒々しい躯体と綺麗に仕上げた部分のバランスが心地いい。服を掛けた梁下のハンガーバーは真似したいアイデア。

靴の収納は、扉付き収納ではなく可動式のオープンラックに。ベビーカー置き場にも困りません。玄関横にハンガーラックがあるのも便利そう。

寝室とキッズスペースをつなぐウォークインクローゼット。カーテンは天井から吊るしてすっきり目隠し。

1 | 2