ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

コンクリート躯体壁と鉄の硬質な素材に、木でやわらかさを、白でさわやかさをプラス。天板と棚板の厚みが揃っていて、水平のラインがキレイ。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

モールディングと呼ばれる化粧縁を施して、クラシックな出で立ちに仕上げたカウンター。

古材と錆びた波板のキッチンとバーカウンター。ここは店舗だけど、こんな住宅があってもカッコいい。  

キッチンの天板の一部に貼ったのは、床にも使っているヘリンボーンフローリング。キッチンがキャビネットのような佇まいになっています。

キッチンの足元にご注目。床面から浮かぶように造作しているので、奥行き深めの大容量キッチンでも印象が軽やかです。

上部に収納のないすっきりとしたキッチンは、奥行き780mmで造作。一般的なキッチンよりも深い奥行きにすることで下部収納の収納量が増え、作業面もたっぷり確保。

中央の合板壁の部分は冷蔵庫や収納が隠れています。収納量を確保しつつ、見えるところはすっきり、視界もデザインされたキッチン。

ワンルームのセンターを飾るのはL型の造作キッチン。ベッドスペースとの間はガラス壁で仕切り、光と視線が抜ける開放的な空間。

設計時点で置くことを決めていたソファ。キッチン脇の動線を邪魔せず、すっぽり収まっています。

ラワン合板で組んだキッチンの天板に貼ったのは、石目調の化粧板。見た目と機能とコストを両立するアイデア。

躯体をグリーンで塗った壁、白タイル貼りの壁、黒壁、木のキッチンと、パッチワークのように色と素材が組み合わさった様が面白い。

OSB合板で造作したカジュアルな雰囲気のアイランドキッチン。オープンラックにグリーンを飾った様子は、まるでカフェのよう。

キッチン下台は床と色味を揃え、レンジフードと冷蔵庫は白に。目線高さがすっきりしていて開放的。

ドアと素材を揃えてラワン合板で造作したキッチン。設備というより家具のような感覚で空間に馴染んでいます。

赤みがかったグレージュのタイルと、濃いブラウンで着色されたラワン合板のキッチンがシック。

パントリー経由とダイニング側からと、2方向から中に入れるL型キッチン。シャープな印象のキッチンは、小口のない天板がポイント。

収納+キッチン+カウンターテーブルで総長約6m。眺めが良い窓に面したカウンターは、食事もお酒も仕事もお茶も、全部ここで過ごしたくなりそう。

窓辺にスッと伸びる長さ約6mのキッチンは、収納でありカウンターでありディスプレイコーナーであり。多用途に使えます。

「L型キッチン+中央にテーブル」が便利そう!固定のカウンターではなく可動できるというところがポイント。背板にミラーを仕込んだ食器棚にもご注目。  

引き出しや扉付き収納を付けずに下部をオープンにしたキッチンは、既製品のワゴンやシェルフで整理収納。「あれ、これ入らない」といった時も工夫がしやすいですね。

吊り棚もキッチン下部も、扉や引き出しを付けないオープンスタイル。使い勝手に合わせてカスタマイズできる楽しみがありますね。

ステンレス天板、タイル、吊り棚、レンジフードの水平ラインがキリッとしていて心地いいキッチン。横方向への空間の広がりを強調する効果も。

キッチンを囲む壁も、玄関の下足入れも、天井もシナ合板仕上げで統一。キッチンは手元が隠れる造りで、目線高さの視界がすっきり広々。

洗濯機も内蔵したキッチン。正面の引き戸の奥はインナーテラスになっていて、洗濯物をすぐ干しに行ける動線計画。

同じプロポーションの建具がぐるりと空間を囲むLDK。アカシアフローリングと集成材で造作したキッチンが端正な空間のアクセントになっています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5