ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

白タイル貼りのバスルーム。浴槽から上の壁は自由に仕上げられるハーフユニットバスを採用。

シンクが付いたカウンターとダイニングテーブルを一体化。コンロ側のワークスペースも広々で、作業がしやすそう。

ガードが付いた照明は船舶用のもの。ラフな壁の空間には、こんないかついアイテムが似合う。

中の電球が丸見えになる船舶照明は、電球のフィラメントにもこだわりたい。

ながーいハンガーパイプに、ツールもミトンもハーブも吊るして。コンクリートドリルでゆっくり穴あけすれば、タイル壁でも金具が取り付けられます。

色むらがレトロなタイルに、船舶照明の真鍮色がフィット。

浴室に外に開く窓がないなら、室内に開いてしまえばいいんです!

ヴィンテージな色合いのタイルが印象的。紫との組み合わせが渋い。

板壁に船舶照明の組み合わせがレトロ。こんな風に板を少しずつ重ねながら貼る方法を「下見板貼り」と言います。

部屋の中に小屋が出現!下見板貼りと船舶照明、屋外的仕上げ&アイテムで外っぽさを演出。

家具みたいな脚を付けた置き型バスタブ。カッコイイだけじゃなくて、掃除がしやすいというメリットもあるそうです(住人談)。

グレーのタイルを用いたステンレスキッチン。ピンクのモザイクタイルが可愛らしさをプラス。

丸タイルはかわいいイメージがあったけれど、色の選び方次第で変わるんですね。

どことなく「船」をイメージさせる空間。船舶照明がインテリアの要になっています。

板貼りの壁面にマリンランプがずらり。まるで船のデッキのよう。

インダストリーな照明は船舶用室内灯。非・住宅用のアイテムでインテリアを遊んでみるのもいいですね。

素材感たっぷりの木の壁とドア。スチールの留め具とドアハンドルがアクセント。

これは船舶用の照明。港の工場のような雰囲気。

バスタブに突き出すように取り付けられた洗面台。省スペース化のためのアイデア。

水切りもできるパイプ棚は、ツールを引っ掛けることもできて便利。