ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

露出した電気の配管に合わせて、インアストリアルなテイストの照明をオン。

キッチンの壁に取り付けた照明。目立つ場所ではないけれど、こういうところにも「好き」を盛り込むと、日々の暮らしが楽しくなる。

絵を飾ったりフラッグを付けたり。合板の壁は、気負いなくカスタマイズができそう。

白い100角タイルって、懐かしい雰囲気がありますよね。ステンレスと合板のキッチンにも似合ってます。

ステンレス×白の組み合わせは、シンプルキッチンの定番!馬目地貼りの白タイルも永遠の“旬”。

表情のあるグレーの壁と飴色のヘリンボーン床が織りなす、ヴィンテージな雰囲気にうっとり。

LDKの隣に和室。小上がり上なら腰掛けやすく、目線高さも揃います。

ステンレスと白いタイル。そのままだったらシンプル過ぎるけど、木の天板があたたかみのあるキッチンに。食器棚もステンレスでお揃い。

趣味のアトリエを仕切る金網の間仕切りがインパクト大。ライティングレールやスポットライト、棚受け金物やテーブルの脚など、パーツの素材や色を揃えてインダストリアルな雰囲気に。

壁や天井はシンプルに仕上げつつ、適度に節のあるフローリングで床面に主張を。

壁に掛けられた白い額は、窓を板で塞いだもの。採光もビューもないなら、塞いで別の機能をもたせるのも一案ですね。

チョコレート屋さんの店内。チョコのイメージに合わせて、ソリッドな質感の素材やスクエアな造形を取り入れたデザイン。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

天井がゆるく勾配したLDK。開放感と落ち着きが絶妙にバランス。

マンションの共用通路との間に土間をつくって、間仕切り壁には室内窓を取り付け。音の漏れ対策をしつつ通風と採光を確保。

ガラスブロックや型板ガラスはもともとのもの。ブルーグレーで塗装したドアと工業系照明で、レトロな雰囲気を再現。

フロアに段差があるのは、部屋の奥からでも窓からの見晴らしを楽しむため。

ミッドセンチュリー建築を思わせる、乱張り石の壁。

乱張り石の壁が存在感たっぷり。ひし形に板を貼った吊り戸もユニーク。

板張りのキッチンは、床からちょっと浮いたように見えるデザイン。フローリングとメリハリを付けるためのテクニック。

クローズド型だったキッチンを、壁を壊してオープンキッチンに。かすれた塗装の羽目板壁が印象的。

棚?と思ったら、猫ちゃんのためのキャットウォークでした。本などを飾る棚として使っても良さそうですね。

ペンダントライトの複数灯使いでお店っぽく。

グレーのタイルと黒い金物できゅっとクールなキッチン。

ベッド部分の床仕上げはカーペット。間仕切りを作らずに、こんな方法でゾーニングするのもアリ。

キッチン上部に取り付けた工業系照明。塗装したコンクリート壁や電線管のラフ感にマッチ。

使い勝手を自分でカスタマイズできる、造り付け収納なしのシンプルステンレスキッチン。

渋過ぎる。インダストリーなアームライトで、絵になる壁づくり。照明を照らした時もカッコよさそう。

天井まである本棚は角パイプと古材で造作。収納する物にジャストサイズに作っているので見た目すっきり。

1 | 2