ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

露出した木の柱や梁、ロフトにブリックタイル。木造の小屋を住居にリノベーションしたような空間。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

縦に貼ったタイル(縦芋目地貼りと言います)と、横に互い違いに貼ったタイル(馬目地貼りと言います)の組み合わせがユニーク。

ブルックリンのアパートメントのよう。古材のフローリングは幅が細くて、どこか昔懐かしさがあります。

欠けやヒビがヴィンテージ感を漂わせるブリックタイル。目地のラフに塗り込んでいることもポイント。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

吹き抜けまで続くブリックタイル壁。床から天井際まで貼られているので、レンガ積みの壁のような雰囲気。

濃色と淡色のメリハリが効いた素材使いが秀逸!それぞれの素材で質感が異なるのも、空間の彩りに。

ブリックタイル貼りの通路はどこか街路のような雰囲気。

キッチンを覆う壁に羽目板張りしたのは、アメリカの工場で100年以上使い込まれてきたというフローリング。

赤みがかったカリンのヘリンボーンフローリングが鮮やか。黒い天井とのバランスがいいですね。

風情たっぷりの壁は、ダメージ加工が施されたブリックタイルと目地の上塗りで表現。

アンティーク調フローリングやブリックタイル、エイジング塗装された板壁など、癖の強い素材をビビッドな青でまとめあげるインテリアコーディネートがお見事。

グレーのタイルと黒い金物できゅっとクールなキッチン。

配管むき出しのスケルトン天井にブリックタイル壁の組み合わせがロフトっぽい。

赤レンガと赤褐色のフローリングでつくるブリティッシュパブのような大人空間。

ブリックタイルを貼った壁に塗装を重ねて“経年”を演出。

ナチュラルとラフが同居。ざっくり感たっぷりの床はメーカーと共同開発した「ラフオーク」。カウンターの板壁もざっくり塗装。

アメリカンなキッチン。ブリックタイルとパーツが効いてます。

これは船舶用の照明。港の工場のような雰囲気。

本場物のオーブン付きガスコンロに合わせて、インテリアもアメリカンヴィンテージ。

古材の天板と板金貼りのキッチンに、オリジナルの水栓、エイジング感満載のタイル壁。ディテールの表現がすごい。

レンガ構造壁の質感をエイジング塗装でリアルに表現。

レンガ造りの部屋をリノベーションしたかのような壁。エイジング塗装の技が秀逸。

グレーの目地がブリックタイルの素朴な味を引き立てています。

アンティーク調のブリックタイル壁とコンクリートのキッチン。天井が高いので海外の家のよう。

キッチン棚の背面にポイントになるブリックタイルを。ディスプレイが映えます。

石英の骨材が混ざった塗料を塗った天井やブリックタイル壁を、光が際立たせます。

木に見える床はタイル。フローリングNGというマンションの管理規約とペット、床暖房の設置に応えるための選択。

1 | 2