ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

独特の表情をしたドアは、木製ドアを「アイアン塗料」で仕上げたもの。ちょっと懐かしさのある色味に仕上げた有孔ボードと相まって、適度なラフ感。

本棚を並べれば「廊下」が「書斎」に。憧れの壁一面の本棚も、こんな方法なら実現しやすそう。

コンクリートの梁にアンカーを打ち込んで家の中でブランコ!2×4材でできた本棚や仕切りもハシゴのようで、なんだか遊び場みたいなリビング。

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

玄関横につくった趣味の部屋は、土間床にして愛車もイン。こんな空間、憧れます。

木の引き出しと天板がアクセントになったリビングボードは、制作費約38万円。こんな収納があったら、リビングが一気に華やかになる。

階段には、飾り棚としての可能性もあります。

大量の蔵書は階段横に設けた本棚にイン。この家のご主人は、階段に座って本を読むのがお気に入り。

棚の間隔にメリハリをつけてみる。収納するのに工夫が要りそうですが、見せ方を工夫したくなります。

有孔ボードに取り付けたフックに工具類を掛けて。今すぐ真似できる収納アイデア。

シンクのみの簡易キッチン。アイアン製ブラケットのシェルフは、棚板の高さや枚数が変えられて便利そう。

廊下が「ただ通るだけの空間」じゃもったいない。壁面に有孔ボードを取り付ければ、専用パーツでいろいろ収納したり飾ったり、後から棚板を足すことも。「趣味を飾る空間」として楽しめます。

ただ「通る」だけじゃもったいない。通路の壁面は収納にして空間を有効活用!カーテンの先は寝室で、カーテンを開ければ通路と収納も一体の空間になります。

リビングの壁に設けたニッチ収納。上部のアーチが飾るものを引き立てます。

ハンモックに縦型のつっぱり棒。空間の「宙」の使い方が上手!

モルタルで造作したキッチンとアーチ型のニッチが印象的。ベージュ色に塗装した壁が、空間に落ち着いた雰囲気をつくっています。

壁の余白に設けたAVシェルフは、壁付けにして浮いたようなデザインに。 床の角が見えると空間がすっきり見えますね。

明るい色の木、グレー、白、黒。 床・壁・天井各面への配色のバランスが秀逸! 壁に貼った鏡による抜け感も効いてます。

明るいトーンの木と白の組み合わせはナチュラルに寄りそうだけど、艶ありタイルでクールに。 鉄の棚受けや小物で黒を効かせて。

グレーと明るいトーンの木を基調に、白と黒をアクセントに効かせたインテリアは、「グリーンを配置して完成」するように計画されたもの。

コンクリートの躯体をあえて一部見せてアクセントに。ハンガーバーをピクチャーレールのように使うアイデアがユニーク!

壁仕上げに合わせて収納もラーチ合板で造作。空間に一体感が生まれます。

引戸付きの収納の上部はオープンに。こういうフリーな収納スペース、結構重宝します。

LDKの壁一面を収納に。上部はオープンラック、下部は扉付きにして、見せる・隠すをバランス良く。

「壁際に本棚を置く」ではなく「本棚を壁にする」という間仕切り方。本棚でつくられたブースの中は収納です。

ここは寝室?廊下?実は両方正解。少し幅広の空間にして通路に別の用途ももたせるやり方は、ワークスペースやクローゼットにも応用できそう。

棚柱に取り付けられるのは板だけじゃないんです。こんなふうに小さな戸棚を取り付けるのも手。

アクセントに木を取り入れた洗面空間。ミラーボックスの両脇に棚を造作してスキマ活用。

店舗併用住宅の自宅キッチンも兼ねる厨房。必要なものにすっと手が届くスケール感がいいですね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7