ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

コーナーに作ったベンチソファは、寝転べるサイズで心地良さそう。ポリカーボネート入りの木枠サッシの内窓で、温熱環境も快適に。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

2階のインナーバルコニーを吹き抜けから見下ろしたところ。インナーバルコニーなら室内の延長としても使えますね。

組子の割り付けがモダンな障子はオリジナル造作。障子紙の5倍の強度があって破れにくい、特殊強化障子紙を使っています。

引き戸を開けると、奥のルームテラスや和室が一体化。透明ポリカーボネート入りの欄間が、引き戸を閉めた時も空間の広がりを感じさせます。

その時々のお気に入りの家具を使えるよう、造作収納や家具はあえてつくらず、内装はシンプルに。窓は内窓を取り付けて、快適性をUPしています。

窓辺の風景を飾る額縁のような木製ガラス引き戸。窓からの熱気や冷気を仕切る役割も担います。

既存の出窓にアイアンフレームの内窓を取り付けてショーケースのように。カーテンレールもアイアンでお揃い。

マンションの一室に「縁側」。古い和建具を窓辺に取り付けて作った至極の和みスペース。

昔の学校のような懐かしさが漂う部屋。コンクリートむき出しの壁天井と和の建具、意外にもハマってます。

マンションはサッシが変えられないけれど、内窓を付けることはできる。

ナチュラルテイストなんだけど、グレーが甘過ぎない空間をつくってます。ドア、収納扉、窓の統一感もポイント。

木製の内窓で、窓辺と室内に一体感。型板ガラス入りなのでカーテン要らず。もちろん断熱効果も。

古いマンションのリノベーション。サッシは変えられないので、型板ガラス入りの内窓で窓辺の見栄えと断熱性をUP。

ワークスペースと収納が窓辺に並ぶ。造り付けなので見た目に統一感があってすっきり。

たっぷりの収納を造り付けたダイニングキッチン。外国っぽい雰囲気。

ダイニングの天井は板貼りにして落ち着きを与え、リビングとは異なる居心地に。

木製建具にパーケットフローリング、パステルカラーのモザイクタイル。昔懐かしい素材たちでつくるレトロ空間。