ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

寝て良し座って良しな畳ベンチ。畳一枚の値段は安ければ10000円以下だから、台を自作すればすごくリーズナブルに作れちゃいます。

畳床に対して下の収納部分は少し小さめに。ちょっとしたことですが、床が広く見えます。小上がりに縁がないのもポイント。

マンションの一室に茶室!仕切りはないのに、長押や柱が空間の独立性を生んでいます。

木目が印象的なフローリングはミモザ。重厚感と高級感がある樹種です。

LDKの隣に和室。小上がり上なら腰掛けやすく、目線高さも揃います。

小上がりの床座リビング。大きなテーブルは掘りゴタツで、天板をしまってフラットにすることもできるそう。

ここ、オフィスなんですが、畳の小上がりがあります。くつろいで打合せができそう。

一畳だけの小上がり。登るための段はベンチに。ソファやセカンドベッド感覚で使えますね。昼寝コーナー決定!一畳サイズ・収納ベンチ付き・本棚付きで35万円で造作。

使い方に合わせて移動したり向きが変えられる畳のベンチ!制作費は畳代抜きで1台約7万円だったそう。

リビングの一角に小上がり。アールのついた壁が“こもり感”を演出。

窓辺に土間床ゾーンを作ってインナーテラスに。小上がりスペースは寝室。

2畳ほどの小上がりはキャスター付き。ベンチにベッドに。「動く小上がり」はいろんな使い方ができそう。

いろんな使い方ができそうな畳ベンチ。寝転がれるサイズなのがいいですね。

押入の襖を外してワークスペースに。古い団地の間取りの名残が感じられて面白い。

堀ゴタツ付きの小上がりリビング。床座スタイルでくつろぎたい人におすすめ。

小上がり兼収納は、離して使えばベンチにもテーブルにもなる優れもの。

畳×鏡の組み合わせがモダン。さらに畳が鏡に映り込むことで奥行きが生まれます。

土間空間から小上がりへ。床座りできるスペースはやっぱり落ち着く。

室内側が土間、窓辺が板間という意外な発想。どう使うか考えるのが楽しいワンルーム。

黒壁の小上がり。落ち着きそう。

透かし建具と小さな棚で、ほどよい抜け感。

ベッド的にもソファ的にも使える小上がり。ゴロゴロしたくなります。下部は収納にしっかり活用。

80年代に建築されたコーポラティブハウスの1室をリノベーション。シナベニヤ天井が時代を感じさせます。