ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

カーペットと壁紙でつくる70’s的インテリア。

仕切りつつも、明かりと広がりは得たい。そんなワガママを叶えたいときは「室内窓」。

木枠の室内窓でキッズスペースとキッチンを間仕切り。様子を伺いながら家事ができますね。

ロフトベッド付きの子供室。壁いっぱいの棚は、収納するカゴや箱のサイズに合わせて造作。

天井裏にしっかり芯材を付ければ、こんな風に「雲梯」だって家に付けれちゃう。

棚板の高さが互い違いになった棚。ディスプレイを楽しみたくなる。

マンションの部屋にロフト付きの子供部屋!スケルトン天井にすれば、こんな縦の空間活用もできる。

スチールサッシの室内窓で部屋越しに明かり取り。目線を遮りたい部分は型板ガラスで。

リビングボードの背面にポップな壁紙。背景が賑やかだと、モノを置いても雑多な感じになりにくい。

寄せ木の色幅が大きいパーケットフローリング。床に表情が生まれます。

家柄のクロスがかわいい。部分的になら、大胆な柄もトライしやすい。

たかがスイッチ、されどスイッチ。壁の仕上げだけでなく、スイッチにも気配りを。

有孔ボードのドットが棚のアクセントに。黒い引き戸の部分は黒板塗装が施されています。

使い方に合わせて移動したり向きが変えられる畳のベンチ!制作費は畳代抜きで1台約7万円だったそう。

ベンチがカウンターデスク、オープンラック、カーテンレール、飾り長押に。一枚の板がトランスフォームしていくみたいな造作が面白い。

部屋に対してフローリングを斜めに貼る。空間に奥行きと変化が生まれます。

カーテンレールも内窓もアイアン製。室内窓も黒で仕上げて統一感のある空間に。

カラフルな柄クロスをシックなカラーとまとめて、落ち着きある部屋に。

フローリング不可の制限はカラフルなカーペットで楽しんで。壁や天井を落ち着いたカラーにして空間をまとめている。

色とりどりの収納がカワイイ。落ち着いたトーンなので、カラフルだけど落ち着いた雰囲気。

こんなワークスペースがリビングにほしい。木製のドアと窓も絵になる。

リビングの一角に造り付けのデスク。棚は棚板を増やしたり、高さも変えれるタイプで便利そう。

押入だったところは枠を白く塗装して、引き戸を木製に。簡単なのにイメージを大幅チェンジできる。

収納で空間をゾーニングするアイデア。こちらのお宅ではキッズスペースとワークスペースとの仕切りに。

リビングのTVの上やデスクの上に、こんなちょっとした棚があると便利そうです。

リビングの一角に小上がり。アールのついた壁が“こもり感”を演出。

壁全面が合板仕上げ!壁を塗ろうか、棚を取り付けようか…妄想が広がる空間。

ベッド部分の床仕上げはカーペット。間仕切りを作らずに、こんな方法でゾーニングするのもアリ。

リビングの一角に黒板ゾーン。お子さんの自由なアートを飾って。

マスタード色の壁が効いてます。色がある部屋は、家具選びが楽しくなりそう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7