ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

うっすら木目を感じる引き戸。塗装した後、乾ききる前に乾いた布で拭くと、こんな風に木目の衣装が残ります。

ペンダントライトを吊るしているのは、ライトの位置をくるりと変えられる装置。

アンティークのガラス窓をふたつ組み合わせてドアに。なるほど!なアイデア。

引き戸を開けるとLDKとひと続きになる個室。床と天井の仕上げをLDKと揃えているのがポイント。

ガラス戸の間仕切りは、光を届けて視線もつなげる優良アイテム。

胸ぐらいの高さの収納で部屋をゆるやかに仕切る。

フロアに段差があるのは、部屋の奥からでも窓からの見晴らしを楽しむため。

フロアの真ん中に、本棚で作った「小屋」が鎮座。こんな秘密基地のような空間がほしい。

壁に長いカウンターテーブルを取り付けて、通路兼家族のワークスペースに。

飴色の木と真鍮が好相性。アナログな鍵がヴィンテージ感を演出します。

視線も光も通す、ガラス窓付きのドア。空間を広く感じさせる効果もアリ。

リビングに隣接する個室は、窓付きドアと室内窓で仕切りながらもつなぐ。

アイボリー色のスイッチプレートが板壁にフィット。

ベンチ兼収納で、LDKと畳スペースをゾーニング。可動式にしても良さそうですね。

牧歌的な印象が強い板貼りの壁も、こんな風に列ごとに板の表情を変えるデザインにすると、モダンな印象に。

黒縁の窓の先はLDK。室内窓は部屋越しに採光できるだけじゃなく、部屋に開放感も与えてくれますね。

ヘリンボーン、パーケット、ホワイト、ダークブラウン、ライトブラウン…。さまざまな貼り方と色と素材がミックスした、パッチーワークみたいな床がかわいい。

テキスタイルメーカーの事務所。リビングテーブルの台は積み重ねた生地、ソファにしているのは機場(はたば)で織り上がった生地を入れるのに使っている荷台。

フローリングがカラフル!うっすら木目が見えるのは、ペンキじゃなくてオイルステインという浸透する塗料を使っているから。

いろんな色の板をパッチワーク風に壁に貼ってみる。あえて規則性なく、ちぐはぐに並べて手仕事感を。

一畳だけの小上がり。登るための段はベンチに。ソファやセカンドベッド感覚で使えますね。昼寝コーナー決定!一畳サイズ・収納ベンチ付き・本棚付きで35万円で造作。

視線が抜けるから空間を広く感じるし、光も気配も届く室内窓。寝室や子供部屋との間仕切りにグッド。

キッズスペースを仕切るのは、白く塗られた格子、だけ。将来はガラスをはめ込んでみたり、両側から板を貼って個室にすることもできますね。

コンクリートの梁にアンカーを打ち込んで、家の中でブランコ!支柱と板でできた本棚もハシゴのようで、なんだか遊び場みたいなリビングです。

カフェにつくられた半個室っぽいスペース。ここだけ天井がグリーンに塗られていて、きゅっと篭り感が生まれてます。

ハシゴの先は新設したロフト!木造戸建てなら、屋根裏を利用してこんな改造もできちゃう。

ピンク色が可愛い本棚は既存のもの。戸をカラフルに塗ってリニューアル。

梁にハンモックを吊るして。木の梁はいろいろ掛けたり吊るせていいですね。

マグネット塗装の上に黒板塗装。書けるし貼れる、便利な壁ができました。

ゆらぎ具合が異なる型板ガラスをサイズを変えて組み合わせて。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7