ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

カウンターやカップボードは既製品ですが、キッチンと色や素材が揃っていて統一感があります。

左官壁にポイント的にタイルを埋め込むアイデア。こちらは家族のオリジナルタイルを。

テラコッタタイル×白木×白タイルで明るく爽やかなキッチン。

ハンガーバーが引っ掛けられるオリジナル棚受け。キッチンや洗面、トイレにも便利そう。

ガラス瓶がシェードになったランプ。型違いの複数灯使いは、垢抜けた雰囲気になります。

色むらがレトロなタイルに、船舶照明の真鍮色がフィット。

ペンダントライトの複数灯使いでお店っぽく。

オープン棚にスパイスや食器を置いて、下のハンガーバーにはツールを吊るして。ラック&ハンガーの収納スタイルはキッチンにオススメ。

カラフルなモザイクタイルに、クラシカルな水栓でオトナっぽさをプラス。

ブラウンにオイル塗装したラワン合板と型板ガラスの組合せがレトロです。

キッチンの一角をワークスペースに。家事をしたり家計簿付けたり、作業がはかどりそうです。

マットな艶感のある塗装壁と、オリジナルブロックのカウンター、合板貼りのキッチン。メリハリの効いた素材使い。

キッチンカウンターの側面はオリジナル造作したモルタルブロック。異なる色や形が面白い。

キッチン本体はシンプルに、壁や収納で彩りを。

味わいたっぷりの古材天板に卓上IHを乗せました。タイル貼りや壁の塗装はDIYで。

目地の色次第で雰囲気がぐっと変わる白タイル。こちらのキッチンはグレーの目地でクールな趣き。

木と白のナチュラルな空間に、カップボードのブルーの差し色が効いてますね。

キッチンはタモ突き板、TV背面の壁はOSB合板、床はミモザ。同じ「木」でも、使い方如何でこんなにメリハリ。

普通のシステムキッチンでも、面材を変えたり、壁に好みのタイルを貼れば、オリジナルなキッチン空間ができ上がり。

昔の学校の床のような、パーケットフローリングがレトロ。ミントグリーンの壁は黒板塗装。

羽目板壁で囲んだキッチンがインテリアのポイント。

不揃いな板幅の羽目板壁。エイジング塗装が味わいをUP。

木の引き出しと天板がアクセントになったリビングボードは、制作費約38万円。こんな収納があったら、リビングが一気に華やかになる。

炊飯器も電子レンジもゴミ箱もすっきり納まるカウンターは造作。このボリュームで制作費は約40万円。

既存のキッチン収納の面材を変えて、ヴィンテージな雰囲気をUP。

普通のシステムキッチンも、天板と面材、プラス取っ手の変更でパリのアパルトマン風に。

「見せる」「しまう」のメリハリが利いたキッチン収納。我が家にもこんな収納がほしい…!

キッチンの奥に黒板。その日の予定や献立を確認するのに便利そう。

棚や天板に使われることの多い集成材ですが、こんな風に面を見せるのもアリ。下部は質感豊かな塗装です。

リビングの一角に小上がり。アールのついた壁が“こもり感”を演出。

3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11