ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

鍋を吊るしたり、ツールを掛けたり。「キッチンにハンガーバー」はなにかと便利。

素材はお揃い、形はさまざま。取っ手やつまみでさりげなく遊ぶ。

天板と棚板は合板の小口を見せて、白壁のアクセントに。

ラワン合板でできた箱状の壁で部屋を仕切る。箱の中は収納になっています。

濃色と淡色のメリハリが効いた素材使いが秀逸!それぞれの素材で質感が異なるのも、空間の彩りに。

作業中に天板がごちゃごちゃしがちなキッチンは、手元が隠れる程度の高さの壁でリビング側から目隠し。

壁の仕上げは、屋根の野地板や工場の内装などに使われる耐火素材・木毛セメント板。独特な表情を意匠に生かす。

種類の違うポリカーボートネートをはめ込んだ室内窓のアイデアがユニーク。足場板の古材で造作したカウンター収納は、使い込まれた感がいい感じ。

キッチンを覆う壁に羽目板張りしたのは、アメリカの工場で100年以上使い込まれてきたというフローリング。

個室の引き戸を開けると一室空間になる間取り。棚やキッチンカウンターの内側に差し色を入れるアイデアが面白い。

キッチン自体はシンプルなメーカー品でも、こんなふうにカウンターにこだわってみる手もある。

間仕切りに使っているのは、透かしブロックというコンクリートブロック。

キッチンの上部に作った食器棚。とっておきのうつわたちのために、こうした「見せる用」の収納も確保しておきたい。

調理中の匂いを仕切りつつ、目線はつなぐ室内窓。

「四半目地」と呼ばれる、タイルを45度に貼る仕上げ方。エレガントな雰囲気ですね。

斜めに貼られた大ぶりなタイルが印象的。こうした貼り方は「四半目地」というそう。

アイボリー色のスイッチプレートが板壁にフィット。

ガラス張りのサニタリー。ショーケースのようです。

有孔ボードを使ったキッチンツール収納。細々したモノが多い場面で真似したい!

小ぶりなシンクにIHクッキングヒーター。ミニマムなキッチンですが、木の天板で心地よさUP。

こちらはエキスパンドメタルを使った間仕切り。採光や通気を確保したい場面に、意外と使えます。

キッチン小物が映える、タイル壁を背景にしたシェルフ。コンパネを下地にしてタイルを貼り、タイルに下穴を開けてから棚を取り付けたそう。

コンクリートブロック壁には、スイッチボックスも無骨で。

コンクリートブロックとスチールサッシの間仕切りの奥はキッチン。住宅っぽくない素材が、空間のアクセントに。

ナラのヘリンボーンフローリング、コンクリートブロックやモザイクタイルの壁、スチールの建具に家具。重厚な素材は空間に落ち着きをもたらします。

ステンレスの箱みたいなキッチン。足元が浮いているので家具のような軽い存在感です。

ブリックタイルに見えるのは、実は壁紙! キッチンからチラリとのぞくパントリーに施したアクセント。

オリーブ色の塗装壁とタイルのコンビネーションがグッド。異素材の同色使いは、さりげないアクセントになる。

壁もキッチンも足場板の古材貼り仕上げ。イエローの壁とネイビーのタイルの差し色が効いてます。

キッチンは、IKEAのキャビネットにステンレス天板とシンクを取り付けて造作。既製品をカスタマイズしてコストダウンする真似したいテクニック。

2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10