ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

引き出しや扉付き収納を付けずに下部をオープンにしたキッチンは、既製品のワゴンやシェルフで整理収納。「あれ、これ入らない」といった時も工夫がしやすいですね。

ルーバー建具を室内窓にするアイデア。窓辺の子供スペースから、ルーバー越しに光と風が入ります。

リビング壁面に水平に伸びる棚と洗面室に抜ける開口が、「その先」を匂わせて空間に奥行きをつくります。

吊り棚もキッチン下部も、扉や引き出しを付けないオープンスタイル。使い勝手に合わせてカスタマイズできる楽しみがありますね。

動く範囲が少なく済みそうなL型キッチン。キッチンの下部は、既製品のワゴン収納が入るように設計してコストダウン&利便性を両立。

ホワイト系のオイルで仕上げたフローリング。木目の模様や色ムラなど木の表情は残しつつ、全体に穏やかな印象に。

キッチンからガラス戸で仕切られた脱衣所兼洗面室。その向かいには浴室とトイレがあり、奥のホールへと続いています。家事機能が集約された便利な動線。

木の表情が温かみを感じさせる空間。実は、壁は淡いピンク色で塗装されていて、それも温かみの演出につながっています。

梁の下にライティングレールを付けそうなところを、梁の上に引っ掛けシーリングを設置して、長いコードでペンダントライトを吊るすアイデアが面白い。

キッチンを囲む壁も、玄関の下足入れも、天井もシナ合板仕上げで統一。キッチンは手元が隠れる造りで、目線高さの視界がすっきり広々。

洗濯機も内蔵したキッチン。正面の引き戸の奥はルームテラスになっていて、洗濯物をすぐ干しに行ける動線計画。

同じプロポーションの建具がぐるりと空間を囲むLDK。アカシアフローリングと集成材で造作したキッチンが端正な空間のアクセントになっています。

さまざまなテイストがMIXしたインテリアをまとめ上げているのは、ベージュ寄りのグレーでペイントした壁と天井。壁はテクスチャーを出すために、プラスターボードの「上」にGLボンドを塗ってからペイントしています。

コンパクトながら開放感を感じるLDK。家具の木の色味とフローリングや造作棚の色味を揃えていること、目線高さの要素を減らしていることが、空間をすっきり見せている理由。

キッチンと寝室の間の壁には丸窓が空いていて、顔を合わせてコミュニケーションできます。寝室は小上がりの床下を収納にして収納量をUP。

ダイニング上のペンダントライトは、ライティングレールからテグスで釣って位置調整。なるほどなアイデア。

ラーチ合板に厚さ3mmのステンレス板を載せたキッチンは、ラフ感とシャープ感が同居。吊り棚に仕込んだライティングレールのラインも効いています。

アームが曲げられる直付け照明をキッチンの手元灯に。照らしたい方向に向きを変えられるので、複数灯付けなくても済み、壁面に余裕が生まれます。

約50平米に夫婦+子供1人の3人暮らし。今はダイニングテーブルを置いていますが、キッチンにカウンターもあり、暮らし方の変化にフレキシブルに対応できそう。

ブラインドと腰壁で仕切った先は小上がり状のベッドルーム。床板は外せるようになっており、中は収納になっています。

広々と感じるワケは、視界を遮るものや濃い色のものを目線高さに配置していないから。TV背面の壁だけ淡い水色にしてアクセントにしています。

天井を走る鉄筋は、既存天井を解体して出てきたブレース。天井も壁もドアもブラインドもすべて白にして、光がまわる開放的な空間にしています。

シンク横にダイニングテーブル、その後ろにはデスクコーナー。家族がパソコンで作業したり、勉強をしたり、コミュニケーションが取りやすそうなレイアウト。

立体的な動物柄のタイルをアクセントに。寸法が同じ異なるシリーズのタイルを組み合わせ貼っています。

染色したオークの突き板と真鍮の把手がシックな雰囲気を漂わせるキッチン。深いグリーンのタイルもベストマッチ。

床に使っているのは、表面にオークの無垢板が貼られた床暖房対応フローリング。幅は150mmと細めで、洗練された印象と広さを強調する効果を生んでいます。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

勾配天井がまるで戸建てのような開放感。屋根の形にもよりますが、マンションの最上階住戸なら、天井を抜いてこんな空間がつくれる可能性も。

キッチンの横にカウンターデスク。料理の合間にパソコンを見たり、パソコンで作業をするパートナーと会話をしながら調理をしたり。便利な上に素敵な暮らしのシーンも生まれるアイデア。

コンクリート躯体壁と鉄の硬質な素材に、木でやわらかさを、白でさわやかさをプラス。天板と棚板の厚みが揃っていて、水平のラインがキレイ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9