ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

階段の蹴込み部分を柄クロスで飾ってアクセントに。

いろんな種類の板をコラージュするように並べて賑やかに。

いろんなデザインのフックで壁面をコラージュ。

オーダーメイドした六角形タイルはテラコッタ。黒が新鮮。

板壁をくり抜いただけの、覗き穴みたいな窓。

大道具のセット裏みたいな裏側感。裏にはどんな空間が?とワクワクする。

入口ドアの内側にもうひとつのドア。奥は何だろう?と覗いてみたくなる。

壁の骨組みに片側だけ板を貼って、裏側をディスプレイ棚に活用。

一番気持ちのよい窓辺にロングカウンター。窓外の花台兼デッキは室外機隠しの目的も。

壁に掛けても、台に立て掛けても使える、フック付きの可動式ミラー。

サーフボードは根太だけのロフトにオン。下から差し込むように収納できそう。

海色の壁は白、ブルーグレー、エメラルドグリーンを重ねて塗装、乾き切る前に布で押さえてムラ感を出したもの。

ソーホースブラケットを使ったテーブル。使用しないときは解体できます。

大きな木枠のガラス戸で、開けても開放的、閉めても開放的。

大きな木枠のガラス戸をフルオープンすれば、通りとの境界が曖昧に。

モールディングにパーケットといったクラシックな要素も、シャープな空間に合わせるとモダンに。

出入り用の間口までスッパリ。ヘアサロンだけに、デザインの切れ味も鋭い。

スパッと水平にスリットが入った四角いブース。籠り感と抜け感を同居させるデザイン。

アーチ型の脚をしたディスプレイ台は合板を切り抜いたもの。

ずらりと並んだ引き出し。ついつい開けてみたくなる。

簾で視線と光をコントロール。簾越しに眺める庭の緑が風流です。

生えていた形のままの木や、真っ直ぐに製材されていない板など、素朴なインテリアがどこか異国の香り。

大正時代から残る建具たち。通風と採光と視線を絶妙に操作する窓の割り付け方が勉強になる。

幅広の板で組んだヘリンボーンの床は、どっしり重厚感と貫禄アリ。

長ーいカウンターの対面にはベンチ。読んだり書いたり話したり寛いだり、が気ままにできるスペース。

形もサイズも違う窓で壁面をコラージュ。

手作り感たっぷりの板貼りキッチン。棚を吊るのはロープ!? に見えて、実は全ネジをロープで巻いている。

錆びたアイアンフレームとガラスのファサードは鉄工職人の作。「こんなの作ったことないよ!」と言いながら笑顔で作ってくれたそう。

天板を持ち上げると脚が星形に組まれているテーブルは、大工とデザイナーが作り出したオリジナル。  

ざっくりとした質感の壁は、消石灰に石を混ぜた左官材。扉は塗ってヤスって味を出す。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6