ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

廊下が「ただ通るだけの空間」じゃもったいない。壁面に有孔ボードを取り付ければ、専用パーツでいろいろ収納したり飾ったり、後から棚板を足すことも。「趣味を飾る空間」として楽しめます。

奥に見える中庭は、実はもともとは部屋だったスペース。平面の面積が広い戸建ての1階に、“減築”で明かりと風を取り込むアイデア。

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

本棚を並べれば「廊下」が「書斎」に。憧れの壁一面の本棚も、こんな方法なら実現しやすそう。

トグルスイッチの隣は調光機能付きの船舶用スイッチ。メカ好きには堪りません。

光と視線が抜ける、蹴込みがない鉄板製の階段。薄い鉄板と細い手摺が軽やかです。

足場板を貼った壁。ラフなイメージが強い足場板も、白く塗るとナチュラルな雰囲気。

無骨さとレトロ感が同居するタンブラスイッチ。

合板をヘリンボーン柄に貼り合わせたドアと壁がユニーク!ラフな素材なのにシックにも見える、ひねりのある合板の使い方ですね。

大量の蔵書は階段横に設けた本棚にイン。この家のご主人は、階段に座って本を読むのがお気に入り。

幅広の廊下に備え付けたカウンターデスク。家族みんなで並んで使えますね。

リビングドアはチェッカーガラス入り。渋めインテリアカラーの中でレトロな柄タイルが効いてる。

独特の表情をしたドアは、木製ドアを「アイアン塗料」で仕上げたもの。ちょっと懐かしさのある色味に仕上げた有孔ボードと相まって、適度なラフ感。

寝室と浴室に続く通路上にクローゼットを造作。天井が吹き抜けていて幅もあるので、通路でありながら部屋のような開放感があります。

階段の吹き抜け上部に、明かり採りの窓を設置。古い柱が印象的に露出しています。

戸建てのリノベーション事例。現しにした古い柱や梁と、窓や壁天井のシャープな収まりのコンストラストがきれい。

まわりの壁が構造壁で間口を広げられなかった開口部は、上部をアーチ型にして印象的な通り道に。

頭上を走る溝入りの板は引き戸の鴨居。引き戸を閉じれば、ハンガーパイプに掛けた洗濯物を隠すことができます。

マンションの玄関は暗い場所になりがちですが、こんなふうにガラス入りの建具で仕切れば、明るさも開放感もある玄関ホールに。

引き戸の木枠幅は30mmという細い造り。空間を仕切りつつ、存在感を軽やかにして奥の空間を感じさせるための細かな仕掛け。

「廊下」をただ通り抜けるだけの場所にするのはもったいない。質感のある壁とお気に入りを並べた本棚で、特別な場所に。

左官壁の質感に、金属板から切り出しただけのアルミのスイッチプレートが映えます。

インテリアに不釣り合いな古いインターホンは、扉付きのニッチ収納で隠す! ちょっとしたことですが、壁面の見栄えはぐっと変わりそうです。

壁と天井、建具や設備も白で統一した空間。金物パーツはゴールドにして、インテリアのアクセント&クラシカル感をプラス。

洗面は、リビングに面したオープンな場所にレイアウト。タオル掛けが一体になったミニマムな洗面器が、LDK空間に馴染んでいます。

廊下に設けた収納はルーバー扉に。通気ができて湿気がこもりにくい利点もありますが、フラットな面の扉にするよりも空間に抜け感が出ますね。

土間に面して設置した木枠の室内窓が出迎える玄関。奥の下足入れの下にはロボット掃除機の充電コーナーが設けられています。

単身男性の住まい。WICを通ってサニタリーにアクセスする動線が効率的。圧迫感を出さずにクローゼットの内部を隠す、絶妙な透け感と光沢のカーテンのセレクトがうまい!

玄関から奥のリビングまで続く棚は、住まい手が好きなアートやグリーンを飾るギャラリーコーナー。こんなふうに、廊下の幅を広くして本の収納やコレクションを飾るスペースを確保する技、いいですね。

長い土間の玄関、かと思ったら、奥は鏡! 下足入れの扉を鏡面仕上げにして、姿見と空間を広く見せるアイデア。 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8