ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

シンプルな棚受けで軽やかなオープンラック。カウンターデスクも足元をすっきりさせています。

木製室内窓の先にあるのはキッチン。 空間に抜け感をつくるだけでなく、壁のアクセントにもなっています。

既製品の本棚もあるけれど、好きな板と好みの棚受けで、オンリーワンの本棚を作るのも楽しい。

ラフなイメージがある板壁も、板を斜めに貼るとスマートで都会的な雰囲気になりますね。

スチールフレームのガラスパーティション。視線はつながるけど、スチールの存在感が空間をしっかり仕切ります。

ハンモックを吊るしたセカンドリビングを兼ねる玄関。土間の空間は多用途に使えますね。

三角屋根がつくる陰影が美しい壁と天井は塗装仕上げ。わずかにグレーがかった白で、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

木の梁にボルトフックを取り付けて、憧れのハンモックライフ。 ライティングレールに電球という組み合わせも参考にしたい。

目線をつなげ、空間を広く見せる効果ももたらす室内窓。こちらのお宅ではアンティーク窓を組み込んで、インテリアとしての役割もプラス。

ロフトに畳。ずっとこもっていたくなるようなくつろぎスペース。

アメリカ製のタンブラスイッチと陶器のプレート。こうしたディテールへのこだわりが、インテリアの完成度を上げます。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

視線が抜けるから空間を広く感じるし、光も気配も届く室内窓。寝室や子供部屋との間仕切りにグッド。

押入を改造して、こんな風な「見せる収納」を作ってもいいかも。左側の低い位置の棚は、飾り棚にもデスクにも使えそう。

床に貼ったのは足場板。壁や天井はプレーンな塗装仕上げだけど、床に特徴を出して部屋を魅力的に見せるテク。

ベッド部分の床仕上げはカーペット。間仕切りを作らずに、こんな方法でゾーニングするのもアリ。

壁一面に貼っているのは足場板。エキゾチックなインテリアにも合うんです。

チェッカー床とルーバー扉が成すトラッドな雰囲気を、ボンド跡を残したコンクリート壁がいい感じに着崩してくれてますね。

照明の複数使い&ドライフラワーのスタイリングが素敵です。工事不要で取り付けられる配線レールは、照明コーディネートの幅が広がりますね。

備え付けのカウンターデスクは、デスクやドレッサーを置くよりも足元がすっきりして、空間も広く使えそう。

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

幅広の廊下に備え付けたカウンターデスク。家族みんなで並んで使えますね。

有孔ボードに取り付けたフックに工具類を掛けて。今すぐ真似できる収納アイデア。

窓辺に足場板を渡してカウンターデスクに。採光&通風もきープされた、開放的なワークスペースの出来上がり。

ミッドセンチュリー感たっぷりの石貼りの壁。

コンクリートブロックをプランター代わりに!さらにロープを上部へ張って、蔦系のグリーンを育ててしまうアイデア。

縦に貼ったタイル(縦芋目地貼りと言います)と、横に互い違いに貼ったタイル(馬目地貼りと言います)の組み合わせがユニーク。

テラスのように使ったり、服を干したり、書斎にしたり。窓辺に土間をつくると、場の使い道が広がります。

古いマンションのリノベーション。サッシは変えられないので、型板ガラス入りの内窓で窓辺の見栄えと断熱性をUP。

階段下のスペースにカウンターを造り付けて書斎に。集中できそうな籠り感。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9