ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

スケルトンの活かし具合が絶妙な空間。天井から吊るしたアンカーボルトは、空中を有効活用できそう。

窓辺の床をタイル貼りにしてインナーテラス風に。「外」の雰囲気を室内に取り込むテクニック。

トグルスイッチの隣は調光機能付きの船舶用スイッチ。メカ好きには堪りません。

露出した電気の配管に合わせて、インアストリアルなテイストの照明をオン。

既製品の本棚もあるけれど、好きな板と好みの棚受けで、オンリーワンの本棚を作るのも楽しい。

断熱をしっかりすれば、木造戸建てでもこんな開放的な空間づくりが可能に。 ライフスタイルの変化に合わせて壁をつくっていくような暮らし方も面白そう。

LDKの壁一面を収納に。上部はオープンラック、下部は扉付きにして、見せる・隠すをバランス良く。

「主張しない」という主張があるカーテンレール。

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

一人暮らしにちょうどいい、小さめダイニングテーブルはDIYで。テーブル脚はソーホースブラケットと2×4材。

三角屋根がつくる陰影が美しい壁と天井は塗装仕上げ。わずかにグレーがかった白で、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

ロールスクリーンで見た目すっきりな窓辺は、隅っこにつくった土間コーナーもポイント。上にはハンガーパイプを取り付けて、インナーバルコニーの趣。

リビングの一角をフェンスで仕切って、趣味のものづくりをするアトリエに。目線も光も抜け、ものを引っ掛けたりもできる、見た目も機能もグッドなアイデア。

モルタルで造作したキッチンとアーチ型のニッチが印象的。ベージュ色に塗装した壁が、空間に落ち着いた雰囲気をつくっています。

カーテンや壁面収納を天井いっぱいまで伸ばしたのは、天井が高く見えるようにするための工夫。カーテンによる間仕切りは、空間が広々使えそう。

キッチンカウンターやダイニングの吊り戸棚、天井仕上げの切り替えなど、同一方向への視線を誘う工夫が開放感を生み出しています。

玄関からオープンにつながるLDK。既存の仕上げを剥がして躯体現しにした壁や梁がワイルドです。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

既製品のレールを合板に取り付けて作った、オリジナルのカーテンレール。小物を飾る棚としても活躍。

無骨さとレトロ感が同居するタンブラスイッチ。

コンクリート躯体現しの天井と梁、白壁のバランスが絶妙。ライティングダクトレールのレイアウトもキレイ。

「間柱」と呼ばれる柱と柱の間に入れる材とラワン合板でDIYした間仕切り壁に、小物や絵を飾ってみる。

LDKにいる家族とコミュニケーションが取れる書斎。室内窓による間仕切りは、寝室や子供部屋にも応用できそうなアイデア。

格子入りのガラス戸がナチュラルトーンの空間のアクセントになってますね。

壁に色や柄を取り入れて、お部屋に華やかさをプラス。空間に奥行きを演出する効果もあったりします。

空間がすっきり見えるワケは、壁と床・天井の境目に「巾木」と「廻縁」がないから。細かい部分ですが、見栄えはぐっと変わります。

まるでテーブルみたいな、華奢なスチール脚のキッチンが特徴的。グリーンを天井の電線管に吊るすアイデアがオシャレ。

アメリカ製のタンブラスイッチと陶器のプレート。こうしたディテールへのこだわりが、インテリアの完成度を上げます。

コンクリート躯体現しの天井にコンクリートアンカーを取り付けて、憧れのハンモックを吊り下げ。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9