ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

床仕上げを変えてゾーニングというのも、手軽な方法なのに空間の雰囲気が変えられていいですね。

窓辺のベンチは、時々テーブル。

こんな公園みたいな屋上、ウチのオフィスにもほしい。

絵画制作や勉強、仕事をするための家族共用アトリエ。収納はベンチ兼用。

幅広の足場板の床が部屋をゆったり見せています。

インダストリーな大振りペンダントライト。足場板の空間にハマってます。

ワークスペースと収納が窓辺に並ぶ。造り付けなので見た目に統一感があってすっきり。

ダイニングの天井は板貼りにして落ち着きを与え、リビングとは異なる居心地に。

レトロな色合いのタイルや羽目板壁は奥さまのリクエスト。

木製建具にパーケットフローリング、パステルカラーのモザイクタイル。昔懐かしい素材たちでつくるレトロ空間。

壁天井が白だったら、もっと緊張感があったのかも。茶鼠色が床の飴色によく似合います。

悪目立ちしがちな梁も壁天井と同じ色で塗装して、一体感ある空間に。

ダイニングとひと続きになったリビング。一面だけ壁の色を変えて、コーナー感を出す。

ヴィンテージ感たっぷりの板貼り収納は既存。良いものは活かす!がリノベの基本。

海色の壁は白、ブルーグレー、エメラルドグリーンを重ねて塗装、乾き切る前に布で押さえてムラ感を出したもの。

モルタルのカウンターにアームライトを直付け。お店っぽい。

間仕切り壁の上部を空けて天井をひと続きに。開放感と空間のつながりを高めるテクニック。

長ーいカウンターの対面にはベンチ。読んだり書いたり話したり寛いだり、が気ままにできるスペース。

よくあるスツールも手作り座面カバーでオリジナルに。

壁に塗ったのはグレーがかった白。真っ白よりも落ち着いた空間になります。

個室に思い切って色を使ってみる。ブルーグレーの床が濃茶の家具に似合います。

家の中にブランコ!窓辺に生まれた公園みたいな楽しい空間。

有孔ボードでほどよく間仕切り。足元と上部を空けて、奥のワークスペースとのつながり感をUP。

ソファじゃなくて、窓辺のハンモックで寛ぐ休日。なんてのもいいですね。

濃紺×白の空間。ファブリックの色も揃えてスマートに。

階段下のスペースにカウンターを造り付けて書斎に。集中できそうな籠り感。

厚みのある合板なら、こんな風に切り出してテーブルやイスの脚にできる。

アウトドア感が漂うのは、屋外で使われることの多い素材を多用しているから。

アーチ型の梁型がどこかヨーロッパの雰囲気。

ジャングルジム!? いえ、木製パレットを積み上げて作ったベンチとテーブルです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5