ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

寄木細工のような柄のクロスをアクセントにしたトイレ。一面だけでも色や柄を取り入れると空間に奥行きが生まれます。

白いインテリアとガラスシェードのブラケットライトで明るい洗面室。ミラーを付けたグレーの壁はキッチンパネルとしても使われる化粧板仕上げで、水ハネに対応。

漆喰と木のナチュラルなテイストに、スイッチプレートや水栓などのパーツで金属を取り入れてアクセントに。ロングカウンターは複数人で洗面室を使いたい時に便利そう。

漆喰とグレーの塗装のツートーンで壁面を仕上げたトイレ。トイレといえば「本」。置きたくなりますよね。

湿気が篭りやすい洗面脱衣室は、ルーバー扉で通気性良く。声が通るので子供の様子が伺いやすいという利点もありますね。

湿気が多くなりがちな洗面脱衣室は、扉付き収納ではなくオープン棚に。通気性のあるカゴにしまえば見た目もすっきり。

深いブルーで壁を塗装したトイレは、気持ちがふっと落ち着きそう。

ボンド跡を残したラフな雰囲気のコンクリート躯体壁と、クラシカルな洗面パーツの組み合わせにセンスを感じます。

アーチ型の開口がその先に見える景色を引き立てます。真下を照らす壁付け照明もピンクの壁面を印象付けています。

収納一体型の洗面台とミラーで、収納力と機能とコストを両立。リネストラランプでシャープに演出。

サニタリースペースの中にあるトイレ(ドア付き)。床はドア枠で仕上げを切り替えず、ひとつながりの仕上げに。

玄関からLDKへ続く通路上に造作した洗面スペース。壁幅いっぱいのミラーの映り込み効果で、空間に奥行きが生まれています。

リネストラランプと洗面台幅いっぱいのミラーで、広々すっきりな洗面室。身支度もしやすそうです。

ネイビーの壁紙を空間のアクセントに。

システム洗面収納の収納扉と取っ手を交換。他の収納扉と揃えれば空間全体のイメージも変わります。

身支度のタイミングが重なる家族に便利そうな、ダブルシンクの洗面室。モダンなフォルムの洗面器が場に華やかさをプラス。

ガラス入りドアも収納扉も造作棚も、ラワンで造作して統一。収納扉の取手やハンガーバーもお揃いの素材で。

タイルの淡い色合いが洗面空間をやわらかい雰囲気に。

洗面器のサイドにスペースがあると、スキンケアやメイクの時など物が置けて便利。大きな鏡が空間をのびのび広く感じさせます。

壁の下部分だけタイル貼りに。昔の日本の家のお手洗いを思い起こさせる、玄人なレトロ感演出テクニック。

壁と引き戸に乳白のアクリル板をはめて、洗面室越しに廊下側に明かりを取り込む。

グレーのPタイル床と白壁というシンプルなトイレには、木のトイレットペーパーホルダーを合わせて彩りに。

無垢の木から切り出して作られたタオル掛け。壁面を飾るインテリアとしても映えますね。

洗面化粧台や壁面のパーツ、ブラインドの色味を揃えて、洗面空間をデザイン。床や壁の仕上げを劇的に変えなくても、素敵な空間はつくれる!

下部収納のない洗面器で広々洗面空間。中身を確認しやすく&湿気が篭らないようにと扉なしにしたカウンター兼収納はDIY。

質感のある壁は珪藻土。ブルーの塗装壁との切り替え部分に入れたモールディングがクラシカルな雰囲気。

洗面・トイレ・脱衣所を一体化。リビングに通じるドアは磨りガラス入りにして明るさと開放感を確保。

脱衣所と洗濯室、トイレを一室に。省スペース化しつつ場を広く使うアイデア。

トイレと脱衣所を一室にまとめて、洗面台は廊下にレイアウト。LDKにいる家族とコミュニケーションしながら手洗いや洗顔、歯磨きできますね。

玄関と寝室、リビングをつなぐ通路に配置した洗面スペース。起床時も帰宅時も就寝前も便利そう。大きな鏡は部屋を広く見せる効果も。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7