ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

窓を生かしたい、でもデスクも欲しい。なら、カウンターデスクを「浮かせる」という手は?脚がないカウンターは床もすっきり広く見えます。

玄関からオープンにつながるLDK。既存の仕上げを剥がして躯体現しにした壁や梁がワイルドです。

コンクリート躯体現しの天井と梁、白壁のバランスが絶妙。ライティングダクトレールのレイアウトもキレイ。

まるでテーブルみたいな、華奢なスチール脚のキッチンが特徴的。グリーンを天井の電線管に吊るすアイデアがオシャレ。

パーティション感覚の壁で玄関土間と仕切ったオープンな寝室。マンションの共用通路に面した窓から距離を置きつつ、採光と開放感は確保。

白タイル貼りのバスルーム。浴槽から上の壁は自由に仕上げられるハーフユニットバスを採用。

ビルの2フロアを住居にリノベーション。躯体むき出しの床壁天井、古いスチールサッシの窓がインテリアとして効いてます。

ベージュ色の壁は珪藻土。あえてコテ跡を残して味わいを演出してます。

すっきりした天井と、水平に伸びるカーテンボックスとライティングレール。窓がたっぷりあって間口が広い空間の広がりを際立たせています。

玄関から奥のリビングまで続く棚は、住まい手が好きなアートやグリーンを飾るギャラリーコーナー。こんなふうに、廊下の幅を広くして本の収納やコレクションを飾るスペースを確保する技、いいですね。

躯体現しの床と天井に、ラーチ合板で造作した壁や階段兼本棚。スケルトン&インフィルなリノベーション空間。

箱のように置かれたトイレの奥はウォークスルークローゼットで、リビングにつながっています。クローズドな空間のない、光と風が抜ける回遊性のある間取り。

玄関を入ると横にスッと伸びる土間。家の中に外のように使える場所があると、できることが広がりそう。

障子のようにぼんやりと光を通す引き戸は「布框戸」。好きな色や柄や素材の布に交換すれば、部屋の模様替えもできる。

枠の中をガラスにした引き戸と、枠の中を布にした引き戸。機能性とインテリア性を兼ね備えた建具の使い方。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

ビルのペントハウスのリノベーション。斜めの天井に合わせて、引き戸も上部を斜めの形にして造作。

通路でありワークスペースであり。ただの通路じゃもったいない。幅を持たせることでフレキシブルに使える場に。

引き戸の開閉や取り外しで他の部屋とのつながり具合を操作できる寝室。床下の収納に寝具を仕舞えば、いつでもリビング・ダイニングの延長として使えます。

手前のリビングは、上から吊るした鴨居と床に彫り込んだ敷居に建具をはめ込めば、個室として仕切ることも。

リビング・ダイニング・寝室が、異なる床高さでひと続きになる空間。段差に腰を掛けたり、背を預けたりといった使い方もできそう。

在来工法とも呼ばれる木造軸組構造の「1間=約1820mm」という基本モジュールを生かし、柱の間の鴨居と敷居に建具をはめ込んで間取り変更できるようにした空間。

玄関から土間床で続くワークスペース。天井はラワン合板貼りでラフな雰囲気。

寝室とキッズスペースをつなぐウォークインクローゼット。カーテンは天井から吊るしてすっきり目隠し。

天井際のスペースを利用した棚がナイスアイデア。奥行き深めなので寝具も収納できちゃいます。

梁下まである大容量の下足入れは実は既製品。 取り付け高さやサイドの壁との納まりを工夫して、オーダーメイドな見た目に仕上げています。

明るい色の木、グレー、白、黒。 床・壁・天井各面への配色のバランスが秀逸! 壁に貼った鏡による抜け感も効いてます。

小ぶりなシェードのペンダントライトを色違いで。 スポットライトも並列させて、照らしたい場所によってライトを使い分けしています。

グレーと明るいトーンの木を基調に、白と黒をアクセントに効かせたインテリアは、「グリーンを配置して完成」するように計画されたもの。

間柱とラワン合板でDIYした間仕切り壁の向こうはキッズスペース。手前側にも合板を貼ったり、さらに塗装をしたり、棚を付けたり。こんなカスタマイズ自由な壁があると楽しそう。

1 | 2