ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

ホワイトとグレー、明るい木と差し色のイエロー。内装仕上げから家具まで、使う色と素材が考え抜かれた空間づくり。

パーティション感覚の間仕切り壁で寝室と仕切ったワークスペース。上に渡した木の板が、コーナー感を高めています。

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

一人暮らしにちょうどいい、小さめダイニングテーブルはDIYで。テーブル脚はソーホースブラケットと2×4材。

空間がすっきり見えるワケは、壁と床・天井の境目に「巾木」と「廻縁」がないから。細かい部分ですが、見栄えはぐっと変わります。

木造一戸建てのリノベーション。既存の天井仕上げを撤去して天井高さUP。現場用のガードを付けた裸電球もラフな雰囲気に合ってます。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

短めの板で組んだヘリンボーンフローリングが新鮮。

表情のあるグレーの壁と飴色のヘリンボーン床が織りなす、ヴィンテージな雰囲気にうっとり。

正方形にカットした木を張り合わせたカウンター。パッチワークのようで面白い。

LDKの一角にワークカウンターとオープン棚を造作。仕事が捗りそうな気持ちのいい場所。

ワンルームのセンターを飾るのはL型の造作キッチン。ベッドスペースとの間はガラス壁で仕切り、光と視線が抜ける開放的な空間。

設計時点で置くことを決めていたソファ。キッチン脇の動線を邪魔せず、すっぽり収まっています。

ラワン合板で組んだキッチンの天板に貼ったのは、石目調の化粧板。見た目と機能とコストを両立するアイデア。

壁付けキッチンに、ステンレス天板のワークテーブル兼収納を組み合わせたダイニングキッチン。目線高さには収納を設けず、視界がすっきり広々感じられます。

ダイニングテーブルはキッチンの前に付けたカウンターと一体化しています。冷蔵庫はルーバードアの収納の裏に隠して板壁を存分に堪能。

窓辺の天井にマルカンを取り付けて、おうちでハンモック。ベンチのように使える窓台も設け、窓辺までくつろぎの空間に。

壁に貼ったのはオークの幅広フローリング。コテージのようなくつろいだ雰囲気の空間に仕上がっています。

リビングから一段下がったダイニングは、床仕上げも変えて異なる居心地に。ダークグレーの土間床とグリーンの壁がラフ感のある家具によく似合っています。

木のペンダントライプも気になりますが、天井のソケット+ミラー電球で、天井面に光を反射させるという照明アイデアにもご注目を。

バルコニーが見えるベストポジションにテーブルを造作。広いバルコニーをリビングの延長として使う。

リビングの奥から玄関まで見渡せる開放的な空間。最上階の角部屋という、共用通路を行き来する人が絞られる住戸特徴を活かしたプランニング。

大きなテーブルを空間の中央に配置。料理、食事、子供の勉強、くつろぎタイム、いろんなシーンを許容する場所。

足場板の床やフレキシブルボード仕上げの壁、小屋組現しの天井。ラフ感が心地良い空間。

まるでカフェのような空間ですが、ここはリノベーション会社の打合せスペース。フリーアドレス化の時代、こんなオフィス空間もアリ。

背もたれ付きベンチシートや照明器具がアメリカンダイナーの雰囲気。ロングベンチは座る人数やくつろぎ方への対応力が高そう。

窓を横切るように造作したカウンターデスクが大胆。窓には内窓を付けて断熱化。採光もデスクスペースの確保も諦めないアイデア。

ラワン材で造作したオープン棚付きキャビネットとデスク。収納家具に統一感があると、飾るのもしまうのも上手にできそう。

「L型キッチン+中央にテーブル」が便利そう!固定のカウンターではなく可動できるというところがポイント。背板にミラーを仕込んだ食器棚にもご注目。  

ホワイト系のオイルで仕上げたフローリング。木目の模様や色ムラなど木の表情は残しつつ、全体に穏やかな印象に。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6