ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

コーナーに作ったベンチソファは、寝転べるサイズで心地良さそう。ポリカーボネート入りの木枠サッシの内窓で、温熱環境も快適に。

コンロやシンクに向き合う時間は意外に少ないもの。ミニマルな壁付けシステムキッチンに収納を兼ねた造作カウンターをプラスすれば、オリジナルキッチンの趣。リビングに面したオープンな洗面も使いやすそう。

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

シンプルな棚受けで軽やかなオープンラック。カウンターデスクも足元をすっきりさせています。

ロフトに畳。ずっとこもっていたくなるようなくつろぎスペース。

一人暮らしにちょうどいい、小さめダイニングテーブルはDIYで。テーブル脚はソーホースブラケットと2×4材。

CDやオーディオがぴったり収まるリビング収納と壁面の余白の残し方が秀逸!

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

無印良品の収納ボックスがぴったり収まるように造作したカウンターデスク。リビングにこんなコーナーがほしい。

空間がすっきり見えるワケは、壁と床・天井の境目に「巾木」と「廻縁」がないから。細かい部分ですが、見栄えはぐっと変わります。

本の横倒しを防ぎつつ、圧迫感が出ないようにハシゴ状に作った本棚の側面がポイント。

寝て良し座って良しな畳ベンチ。畳一枚の値段は安ければ10000円以下だから、台を自作すればすごくリーズナブルに作れちゃいます。

木の梁にボルトフックを取り付けて、憧れのハンモックライフ。 ライティングレールに電球という組み合わせも参考にしたい。

デスクと棚が一体になった造作家具で空間を仕切る。コンセントや照明も設置されていています。

露出した木の柱や梁、ロフトにブリックタイル。木造の小屋を住居にリノベーションしたような空間。

ミッドセンチュリー感たっぷりの石貼りの壁。

モールディングと呼ばれる化粧縁を施して、クラシックな出で立ちに仕上げたカウンター。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

短めの板で組んだヘリンボーンフローリングが新鮮。

表情のあるグレーの壁と飴色のヘリンボーン床が織りなす、ヴィンテージな雰囲気にうっとり。

ナイスビューなルーフバルコニーは、デッキを敷いて「外リビング」に。

カウンターの壁。同じ木材でも、木目を縦・横入れ違いに並べるだけで賑やかな表情になる。

木の形そのままに切り出された無垢の一枚板。こんな味わい深いカウンターなら、つまみなしでもグイグイ飲めそうです。

正方形にカットした木を張り合わせたカウンター。パッチワークのようで面白い。

階段下のスペースにカウンターを造り付けて書斎に。集中できそうな籠り感。

天井面はコンクリート躯体を現しに、梁は白く塗装。ラフすぎず、小綺麗な印象になります。  

ラワン材で造作したオープン棚付きキャビネットとデスク。収納家具に統一感があると、飾るのもしまうのも上手にできそう。

キッチンとリビングを仕切っていた吊り戸棚を撤去して空間のつながりをアップ。本棚は、同じ場所に造り付けられていた天井までの棚を上段だけリユースしたもの。

古い戸建てのキッチンをリノベーション。床や建具、ドア枠など、既存を活かしながら新旧をうまく馴染ませています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9