ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

窓外の運河の風景に目が奪われます。お気づきでしょうか、バルコニー側の壁が鏡面仕上げなことに。室内が映り込み、部屋の中に運河があるような不思議な感覚に。

廊下の幅をたっぷり設けると、ラグジュアリーな雰囲気が生まれます。玄関に入って正面に見える壁にはキャビネットを据えてディスプレイコーナーに。

ラワン材で造作したオープン棚付きキャビネットとデスク。収納家具に統一感があると、飾るのもしまうのも上手にできそう。

特徴的なパターンのパーケットフローリングが、ワンルーム的空間のアクセントに。オリーブグリーンの壁面は、水平に伸びる空間の広がりを強調しています。

左側の白い壁のブース内はキッチン。生活感を感じさせる要素を極力排除して、名作家具と窓外の景色が引き立つ空間に。

四角くくり抜かれた白壁、コンクリートの壁天井、鏡面仕上げされた窓辺。アートと名作家具に囲まれて暮らすことをテーマにつくられた、ギャラリーのような空間。

木の家具と空間の一体感を高めているのは、木で作ったカーテンレール。濃いオリーブ色のタイルと、チャコールグレーに塗装した窓のサッシもポイント。

床もキッチンも変えたフルリノベ空間ですが、目透かし貼りの壁は塗り直しただけにするなど、既存を活かしてコストコントロール。

壁仕上げに合わせて収納もラーチ合板で造作。空間に一体感が生まれます。

ステンレス板と合板と白壁の積層がキレイなキッチン。ラフ感のバランスが良い。

リビングのドアは型板ガラスの窓付き。明かりと気配が廊下に漏れます。

棚板がサイドに少し飛び出したデザインの本棚は、住まい手のDIYによるもの。

白壁とコンクリート躯体壁のバランスがGOOD。

正面にある古びた雰囲気の扉は住人がDIY。中は出窓を利用したTVの収納スペース。