ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

収納上手への道は収納づくりから。そんなことを思わせるIKEAの収納システムを使ったクローゼット。

壁に貼っているのは、レンガをスライスしてタイル状にした「スライスレンガ」。レンガ造りの建物のような風情が出てます。

マンションで、外に面した窓が設けられない個室も、「室内窓」を設置すればリビング越しに採光&通風が可能に。

クローゼットの上部に注目。収納場所に困りがちな帽子も、これならホコリかぶりを防ぎつつ収納できます。

ハンガーパイプとオープンラックを取り付けた広いウォークインクローゼット。そこでの着替えや衣服の片付けが楽しくなりそうな空間です。

キッズルームと主寝室を結ぶウォークスルークローゼット。収納と通路を兼ねるアイデアは、他の居室間でも参考になりそう。

モールディングドアやルーバー建具、ヘリンボーンフローリングが欧米の邸宅のような雰囲気をつくっています。幅木とドア枠もポイント。

ラワン合板で造作した引き戸がシンプルな空間のアクセントに。吊り戸式で床にレールがないので、引き戸を開けた時に床が広々感じられます。

建具ではなくカーテンで隠せるクローゼット。玄関からすぐアクセスできて身支度が便利そう。

玄関から寝室へ続く通路を兼ねるウォークインクローゼット。「家族しか入らない場所」を見極めて、スペースを有効活用するアイデア。

片側は高さのある収納に、もう片側は足元を浮かせた腰高さの収納にして、玄関に広がりを演出。

システムキッチンの背面側に木の腰壁とカウンター板を添えて、オリジナルキッチンのような佇まいに。

玄関直結のクローゼット。物の一時置き場にしたり子供の遊び場になったり。仕切らないことでフレキシブルな場所に。

IKEAのロフトベッドを使って子供2人のスペースを確保。間の間仕切り壁は取り外しやすいように立てて、将来の部屋の使い方変化に対応。

IKEAのクローゼットシステムをフル活用。床から浮かせているのは、お掃除ロボットによる掃除しやすさへの配慮。

上部に棚を設置して、その下にパイプハンガーを取り付け。3面型のウォークインクローゼットは物が識別しやすくて便利そう。

寝室の壁上部に取り付けたハンガーパイプは、服を干したり寝具をかけたりと何かと便利そう。

寝室と玄関の土間のあいだに設けたウォークスルークローゼット。帰宅時の身支度が簡単そう。奥の土間は納戸で、玄関に続きます。

白い壁が、奥の緑を切り取る。この開口部には木の引戸がついていますが、壁の鴨居は目立たず建具枠もなくすっきり。

造り付けに見えるこの収納、実はキャスター付きの可動式。柱間のサイズに合わせて、建具も収納も位置を変えられる仕様になってるんです。

レトロなクローゼットドアは既存を再利用。それに合わせて出入り口のドアもラワン素材のドアをコーディネート。

天井に取り付けたハンガーパイプは、下に家具も置けるし、ちょっと掛けができて便利そう。

洗面脱衣所に直結するクローゼット。朝の身支度がしやすそう!

窓辺に取り付けられたパイプハンガーは室内干し用。廊下の幅はちょっと広めで、多目的に使える空間になってます。

うっすら木目を感じる引き戸。塗装した後、乾ききる前に乾いた布で拭くと、こんな風に木目の衣装が残ります。

間仕切りを兼ねる収納の影からターコイズブルーの壁がチラリ。発色にこだわりたかったので、仕上がり色にブレがないベンジャミンムーアをセレクトしたそう。

フロアに段差があるのは、部屋の奥からでも窓からの見晴らしを楽しむため。

パイプ継手「キークランプ」があれば、ただのパイプ管もハンガーパイプに早変わり。

スチールアングルに金網を取り付けて引き戸に。モノを掛けることもできますね。

押入を改造して、こんな風な「見せる収納」を作ってもいいかも。左側の低い位置の棚は、飾り棚にもデスクにも使えそう。

1 | 2