ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

マンションの住戸ドアを開けると、広がるのは広い土間空間。玄関であり、趣味の部屋であり。用途多彩な土間空間は、暮らし方を広げます。

収集した雑貨や本、グリーンなど、実は置きたいものがいっぱいあるリビングダイニング。こんな壁面収納があったら、飾りがいがありそうです。

足場板の古材と鉄の棚受けは黄金タッグ。こんな壁なら、靴が増えても棚の増設がカンタンですね。

壁に取り付けた棚とキッチン、キッチンの吊り棚と壁のスリット開口。水平に伸びるラインが空間を伸びやかに見せます。

リビングの一角をフェンスで仕切って、趣味のものづくりをするアトリエに。目線も光も抜け、ものを引っ掛けたりもできる、見た目も機能もグッドなアイデア。

業務用シンクや作業台を組み合わせたキッチン。背面のオープンラックはハンガーバーを滑り落ち防止に使っています。

モルタルで造作したキッチンとアーチ型のニッチが印象的。ベージュ色に塗装した壁が、空間に落ち着いた雰囲気をつくっています。

板貼りの天井とフローリングがリビングの奥行きを強調。室内窓も空間に広がりをもたらしています。

天井近くに設けた棚にはオーディオやスピーカーを。大人しか届かない高さなので、子供からリモコンなどを守る場所にもなっているそう。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

シナ合板でつくった間仕切り壁は厚さ41mm。普通の壁よりも薄めにして、家具や建具のような存在に仕立てています。

スケルトン天井の高さが活きるワンルーム空間。ラフなテイストにヘリンボーンフローリングを合わせてシックにまとめています。

背板のない棚を窓の前に。明かりは取れるし、棚の印象も軽やかです。

有孔ボードに取り付けたフックに工具類を掛けて。今すぐ真似できる収納アイデア。

玄関横に設けた細長い土間。ベビーカーや自転車なども置けて便利そう。上部の棚には服が掛けられるようになってます。

階段下のスペースにカウンターを造り付けて書斎に。集中できそうな籠り感。

フレームのみのシンプルなステンレスキッチンが、ビルをリノベーションした空間に似合います。

フレームの付いていない鏡は、壁面にすっと吸い付くようで見た目すっきり。写り込みが空間を広く感じさせます。

レコードプレーヤーを置いたヴィンテージのデスクと、それに合わせて造作されたCD棚。一体感があります。

棚板の位置を変えたり増やしたりできる可動収納棚は、靴が増えても安心。大きな姿見は写り込みで空間に広がりを出す効果も。

4.5m近い天井に大きな窓が開放的なこの空間は、ビルのオフィスをコンバージョンした賃貸住宅。ラーチ合板で造作したキッチンとオープンシェルフが、スケルトン的な空間のラフ感を活かしつつ、あたたかみもプラス。

ただ「通る」だけじゃもったいない。通路の壁面は収納にして空間を有効活用!カーテンの先は寝室で、カーテンを開ければ通路と収納も一体の空間になります。

窓を囲むように収納を造作して、窓の前はテーブルのようにも使えるベンチに。梁部分の奥行きの浅い棚は本や小物を置くのに便利そう。

フロアの中央に置いた間仕切り壁も、キッチンや収納と同じシナ合板で。壁というより家具のような存在感。

高さ1820mmのシナ合板壁の奥にあるのは、ワークスペースと寝室。天井まで壁をつくるのではなく、置き家具で仕切るような感覚で、狭苦しさを感じさせない空間に。

玄関の横に土間スペースを設けて、室内窓を付けた寝室とマンション共用通路とのワンクッションに。自転車を置いたりちょっとした作業をする場所としても良さそう。

パネルにウォルナットを使ったキッチンに色味を揃えたダイニングキッチンと、明るい色味の木を使った小上がり側。場所ごとに異なる雰囲気をつくっています。

ライティングレールにグリーンを吊るすアイデア、参考にしたい。ロの字型のレール配置も照明アレンジが効きそう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5