ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

既製品の本棚もあるけれど、好きな板と好みの棚受けで、オンリーワンの本棚を作るのも楽しい。

ラフなイメージがある板壁も、板を斜めに貼るとスマートで都会的な雰囲気になりますね。

壁に貼っているのは、レンガをスライスしてタイル状にした「スライスレンガ」。レンガ造りの建物のような風情が出てます。

自転車も置ける広さがある土間の玄関。左の壁に設けた室内窓も、開放的な玄関づくりに貢献。

天井に取り付けたアイアン製のハンガーパイプ。グリーンを飾る以外にもいろいろ使えそう。

「間柱」と呼ばれる柱と柱の間に入れる材とラワン合板でDIYした間仕切り壁に、小物や絵を飾ってみる。

コンクリートの躯体をあえて一部見せてアクセントに。ハンガーバーをピクチャーレールのように使うアイデアがユニーク!

スチールアングルに金網を取り付けて引き戸に。モノを掛けることもできますね。

古材を貼ったアクセントウォール。壁全面ではなく、一面だけに主張ある素材を取り入れているのがポイント。

ガレージと土間と庭が合体!飛び石を渡ってリビングと寝室を行き来する、平屋っぽい空間。

棚の間合いが美しい。こだわりの器が引き立ちますね。

置く、吊るす。壁の上部を収納に活用すれば、床が広々使えます。

壁はもともとのクロスの上からDIYで漆喰を塗り上げた。ざっくり感が陰影を出していてイイ感じです。

有孔ボードに取り付けたフックに工具類を掛けて。今すぐ真似できる収納アイデア。

階段下のスペースにカウンターを造り付けて書斎に。集中できそうな籠り感。

フローリングに対して斜めに配置された壁。空間に不思議な奥行きが生まれます。

タイルで描いた青と白のストライプ模様。斜めのライン&鏡への写り込みで奥行き感UP。

タイルで描いた青と白のストライプ模様。斜めのライン&鏡への写り込みで奥行き感UP。

濃い茶色に塗装されたワラン合板の壁や戸が、ちょっと昔懐かしい雰囲気。柄の異なる型板ガラスもアクセントに。

フレームのみのシンプルなステンレスキッチンが、ビルをリノベーションした空間に似合います。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

古材で仕上げた収納が出迎える玄関。

キッチン正面の壁は段差を設けて、スパイスなどの小物を置ける場所に。生活感が出がちなキッチンツールも、ハンガーバーのデザインに気を配れば「見せる収納」に。

レトロなクローゼットドアは既存を再利用。それに合わせて出入り口のドアもラワン素材のドアをコーディネート。

キッチンカウンターはシナ合板で造作。グレイッシュカラーのオイルで塗装して、落ち着いた色合いに。

鉄の棚受けと足場板で作った本棚。しまう本や雑誌の高さに合わせて壁面を無駄なく活用。

足場板の古材と鉄の棚受けは黄金タッグ。こんな壁なら、靴が増えても棚の増設がカンタンですね。

「和室も欲しい」というニーズ、特に戸建てでは多いと思うんですが、このお宅のような「フローリングに置き畳」という方法は部屋の使い方の自由度が上がってオススメです。

壁の余白に設けたAVシェルフは、壁付けにして浮いたようなデザインに。 床の角が見えると空間がすっきり見えますね。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9