ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

同じ引き戸でも、型板ガラスやクリアガラスなど、面材を変えるとまったく違う印象に。明かりの取り入れ方や視線の操作もできますね。

ワイルドな表情の引き戸は、普通のフラッシュドアに薄くスライスした足場板を貼ったもの。インパクトあります。

格子入りのガラス戸がナチュラルトーンの空間のアクセントになってますね。

モダンなデザインの木製ガラス引戸。部屋を仕切るだけでなく、部屋を飾る役割も果たしています。

足場板の古材を羽目板貼りした壁がワイルド。どこか西海岸っぽいインテリアです。

濃い茶色に塗装されたワラン合板の壁や戸が、ちょっと昔懐かしい雰囲気。柄の異なる型板ガラスもアクセントに。

アートを飾るように襖を飾る!  

鮮やかな色壁に、アーチ型の開口、外灯のような見た目の照明。奥のリビングダイニングへと向かう気持ちをワクワクさせてくれます。

廊下の壁に凹みを作って収納棚に。「ただの通路」になりがちな空間にモノの居場所をつくることで、楽しげのある空間に。

型板ガラスや板、白塗装など、デザインの異なる建具を使って廊下を楽しげな空間に。プロポーションが揃っているので統一感があります。

端正なプロポーションの引き戸がずらりと出迎える玄関。手前の下足入れは足元を浮かせて空間の圧迫感を軽減。

引き戸を開放すれば、土間床の通路と玄関もひと続きの空間に。個室の壁に室内窓を付ける手もあるけれど、こんな風に引き戸で間仕切る手も。

布框戸は、木枠の中に「布」を貼った建具。山林の風景が描かれた布は住まい手オリジナルの図案。

枠の中をガラスにした引き戸と、枠の中を布にした引き戸。機能性とインテリア性を兼ね備えた建具の使い方。

窓辺の風景を飾る額縁のような木製ガラス引き戸。窓からの熱気や冷気を仕切る役割も担います。

左右に見える土間は奥でつながっていて、手前の部屋を経由するとフロアをぐるりと回遊できる間取りになっています。

古い柱や梁を現しにしつつ、床壁天井は端正にまとめてコントラストを際立たせた戸建てのリノベーション。

下足入れは扉だけ変えて内部は既存利用。面材を変えるだけでも玄関の雰囲気はガラリと変わります。

玄関横に設けた土間。鏡を柱の幅と梁下いっぱいまで貼ったのは、場を広く感じさせる工夫。既存窓は木枠の網戸で雰囲気アップ。

障子の木枠はグレイッシュに塗装。木の赤みを抑えて部屋の雰囲気と馴染ませています。

アートな柄が施された引き戸は、施主制作のゴム判をスタンプしたもの。オリジナル柄が楽しめますね。

壁のタイルは既存のものをクリーニングして活用。ファブリックが素敵なベンチもテーブルも造作。

三角形のキッチンでリビングとダイニングをゾーニング。左側の玄関から右奥の寝室までの距離感をつくるための仕掛けでもあります。

こちらの収納はクローゼット。引き戸の一枚を姿見にするアイデアは参考にしたい。

壁天井をグレーで塗装した寝室。落ち着きたい部屋にはこんなカラーリングもいいですね。

深い庇、木枠の建具。昔ながらの縁側を思い起こさせるデッキ空間。

玄関を入るとバーンと広い土間!自転車を整備したり日曜大工に勤しんだり、何かと使える空間です。

磨りガラス入りの木製框戸から出入りする浴室がどこか昔風。不思議と洋風の置き型バスと馴染んでます。

既存の壁を撤去して出てきた柱と筋交いをそのまま現しに。ほどよく空間の間仕切りになってます。

1 | 2 | 3