ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

既存のクロスを剥がして出てきたボンド跡をそのまま露出した壁がアートのよう。モダンな琉球畳の小上がりともマッチしています。

玄関横につくった趣味の部屋は、土間床にして愛車もイン。こんな空間、憧れます。

モダンなデザインの木製ガラス引戸。部屋を仕切るだけでなく、部屋を飾る役割も果たしています。

幅広の廊下に備え付けたカウンターデスク。家族みんなで並んで使えますね。

土間に面して設置した木枠の室内窓が出迎える玄関。奥の下足入れの下にはロボット掃除機の充電コーナーが設けられています。

家族しか出入りしないと割り切って、寝室の壁はボードを貼らずに少しでも広くなるように工夫。外側は木の板を下見板貼りしています。

IKEAのステンレスキッチンと厨房用のステンレス戸棚でまとめたキッチン。ガレージ用のツールキャビネットをキッチン収納に使っているのがユニーク。

その時々のお気に入りの家具を使えるよう、造作収納や家具はあえてつくらず、内装はシンプルに。窓は内窓を取り付けて、快適性をUPしています。

華奢なフレームにシンクがはめ込まれた洗面台はまるで家具のよう。斜め貼りされた床のPタイルも空間のアクセントになっています。

グレーのサイディング壁と白い塗装壁のツートンカラーで外観をデザイン。

もともとあった外壁の外側に新たに耐震補強壁をつくり、窓の位置も外観のデザインも一新させた戸建リノベーション。

欄間は、部屋を仕切りつつも光や気配をつなげる機能的なアイテム。デザインや素材を今っぽくするだけで新鮮な印象になる。

リビングの先にあるのは子供室と寝室。空間の長手方向にフローリングを貼っているので、より奥行きを感じられます。

コンクリートむき出しの梁がシックな内装のアクセントに。ガラス框戸とスチール格子の窓の先には玄関が見える。

玄関ドアを開けると、ガラス入りのドアとスチールの格子窓越しにリビングが見える。空間に広がりをつくり、家族もつなぐ仕掛け。

ウッディな面材のシステムキッチンに、サブウェイタイルをコーディネート。床はタイル風のクッションフロアで、見た目とコストとメンテナンスの三者を両立。

クローゼットの扉も壁と同じ板貼りに。面の広がりが生まれ、空間がのびのびします。

ガラス入り框戸や室内窓で視線が抜けるLDK。足や物がぶつかりやすい下部を板貼りにした框戸は、床面が散らかりがちなキッズスペースの目隠しにも。

クローズド型のキッチンも、窓とカウンターを付ければセミオープンキッチンに。モルタル壁やスチールサッシでブースを特徴付ければ、キッチンの存在感もアップ。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

木の家具と空間の一体感を高めているのは、木で作ったカーテンレール。濃いオリーブ色のタイルと、チャコールグレーに塗装した窓のサッシもポイント。

既製品のレールを合板に取り付けて作った、オリジナルのカーテンレール。小物を飾る棚としても活躍。

庭の風景を引き立てる黒いサッシは、もともとはシルバー色だったものを内側だけ塗装。

備え付けのカウンターデスクは、デスクやドレッサーを置くよりも足元がすっきりして、空間も広く使えそう。

室内窓のおかげで多方向に視線が抜けて、部屋に開放感が生まれています。

壁に掛けられた白い額は、窓を板で塞いだもの。採光もビューもないなら、塞いで別の機能をもたせるのも一案ですね。

ファサードを覆うのはガルバリウム鋼板。屋根仕上げに用いられることが多い、平葺き仕上げで。

各住戸入り口のナンバリングがスタイリッシュ。異なる高さの窓が使われているのが、内部構成への興味を惹く。

鮮やかな赤色のフローリングはローズウッド。主張のある素材を空間のポイントに。

種類の違うポリカーボートネートをはめ込んだ室内窓のアイデアがユニーク。足場板の古材で造作したカウンター収納は、使い込まれた感がいい感じ。

1 | 2 | 3