ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

ホワイトとグレー、明るい木と差し色のイエロー。内装仕上げから家具まで、使う色と素材が考え抜かれた空間づくり。

コーナーに作ったベンチソファは、寝転べるサイズで心地良さそう。ポリカーボネート入りの木枠サッシの内窓で、温熱環境も快適に。

エイジング感のあるタイルが出迎える玄関。リビング側の壁に室内窓を設置して明るく華のある場所に。ペンダントライトの高さが絶妙です。

既存のクロスを剥がして出てきたボンド跡をそのまま露出した壁がアートのよう。モダンな琉球畳の小上がりともマッチしています。

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

既製品のレールを合板に取り付けて作った、オリジナルのカーテンレール。小物を飾る棚としても活躍。

壁一面をピンクで塗り上げた寝室。真下を照らすブラケットライトが、その色をより印象的に見せてくれます。

マンションで、外に面した窓が設けられない個室も、「室内窓」を設置すればリビング越しに採光&通風が可能に。

玄関横につくった趣味の部屋は、土間床にして愛車もイン。こんな空間、憧れます。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

設計時点で置くことを決めていたソファ。キッチン脇の動線を邪魔せず、すっぽり収まっています。

ラワン合板で組んだキッチンの天板に貼ったのは、石目調の化粧板。見た目と機能とコストを両立するアイデア。

レースのようなバーチカルブラインドで仕切られたベッドルーム。華やかな壁紙とピンクベージュの天井がデコラティブなベッドにぴったり。

2面採光の明るいリビングは、ピンクベージュの天井とベージュの壁紙で落ち着いた雰囲気に。

室内窓と天井際をあけた壁で、風が抜けるベッドスペース。グレーの天井が落ち着いた空間に仕上げています。

「極力物を置きたくない」という住まい手の意向を反映して、TVは床から浮かせた壁付けに。空間づくりと同時に行えば配線もすっきり計画できます。

造作した木枠の室内窓は、ペイントで鉄のような色合いに。奥にちらりと覗くピンクの壁も空間のアクセントになっています。

寝室は完全には閉じず、解体も簡易な間仕切り壁でLDKと心地良い距離感に。斜めに空間を走る床仕上げの切り替えラインが、奥行きを強調しています。

高さが約1.6mのロフトはベッドスペース。下はクローゼットになっていて、ルーバー窓をつけて通気性を確保。

土間風のダイニングの床はPタイル仕上げ。ロフトは夜は寝室に、昼間は子供たちのプレイスペースに。

子供部屋のドアの上には、明かり採りの窓を設置。部屋の中の様子や、リビング側の様子がうかがい知れるアイデアです。

窓を横切るように造作したカウンターデスクが大胆。窓には内窓を付けて断熱化。採光もデスクスペースの確保も諦めないアイデア。

ステンドグラスに挽物加工された階段手摺、ルーバー建具は既存のもの。古い建物ならではの意匠を活かすのも戸建てリノベの魅力。

ラワン材で造作したオープン棚付きキャビネットとデスク。収納家具に統一感があると、飾るのもしまうのも上手にできそう。

空間をゆったり感じさせているのは、幅広のフローリング。寝室に続く室内窓も、奥行きの演出に役立っています。

室内窓を取り入れる空間が増えていますが、こんなふうにアンティークのステンドグラスをはめ込んで明かり取りにするのもいいですね。

白と黒、ツートーンの細長いタイルで壁面を仕上げたキッチン。オープンラックの棚受けや直付け照明も黒で揃えて、凛とした印象に。

ひと部屋くらいありそうな広い土間玄関。木製窓付きの古材プリント壁紙を貼ったブースが小屋っぽい。

カラフルに塗り分けた壁とドアや窓で、コラージュするように壁面を飾る。ドアを開けるのが楽しみになりそう。

夜景写真の3階窓だけ造作窓。ほかは既製品のサッシで外壁も一般的なサイディング。でも、窓のサイズや張り方を整えることでオリジナリティを感じるファサードに。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6