ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

リビングドアはチェッカーガラス入り。渋めインテリアカラーの中でレトロな柄タイルが効いてる。

廊下に設けた収納はルーバー扉に。通気ができて湿気がこもりにくい利点もありますが、フラットな面の扉にするよりも空間に抜け感が出ますね。

床に使っているのは、表面にオークの無垢板が貼られた床暖房対応フローリング。幅は150mmと細めで、洗練された印象と広さを強調する効果を生んでいます。

間仕切り壁に室内窓を付けて、単調になりがちな廊下空間にアクセント。奥のLDKに続くドアはガラス窓付きで目線が抜けます。

寝室と玄関の土間のあいだに設けたウォークスルークローゼット。帰宅時の身支度が簡単そう。奥の土間は納戸で、玄関に続きます。

節が多く色むらのあるフローリングがラフな雰囲気。インダストリアルな雰囲気のペンダントライトやテーブルと合っています。

造り付けに見えるこの収納、実はキャスター付きの可動式。柱間のサイズに合わせて、建具も収納も位置を変えられる仕様になってるんです。

上下面ともガラスにしたり、上だけガラスにして室内窓のようにしたり、上下面とも合板で奥が見えない仕様にしたり。「木製ガラス引き戸」を使った空間の仕切り方いろいろ。

間仕切り壁を天井まで作らず、抜けをつくって空間に奥行きを演出。リビングドアをガラス入りにしているのもポイント。

玄関からリビングへと続くドアはガラス框ドア。家族の気配も光も玄関まで届きます。

室内窓の先にあるのは、個室に面した廊下。空間に広がりと明るさをもたらし、家族の気配もつなぐキーアイテム。

板貼りの天井とグレーに塗装した梁が、空間に落ち着いた雰囲気を演出。

レトロなクローゼットドアは既存を再利用。それに合わせて出入り口のドアもラワン素材のドアをコーディネート。

靴は扉付き収納ではなくオープンラックに。 広がりを感じる玄関になりますね。

コンクリート躯体の壁が空間のアクセントに。 照明が仕込まれた板壁のキッチンカウンターも参考にしたいアイデア。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

リビング隣の個室は、引き込み戸にしてフルオープンできる仕様に。奥の部屋の家具と色調を揃えた建具枠が効いてます。

カフェやギャラリーとして使うスペース。黒い壁は、マグネット塗料に黒板塗料を重ね塗り。貼ったり描いたり、使える壁に。

建坪7坪の狭小住宅。リビングは吹き抜け&ロフトの合わせ技で、開放感とスペース確保を両立。

スチールサッシの骨太な表情に、木の取っ手がぬくもりをプラス。

スチールで造作した室内窓。細めの格子がスタイリッシュです。

室内窓から隣室のコンクリート躯体壁が覗くのが、アートを飾っているみたいですね。

吹き抜けとトップライトは新たにつくったもの。木造戸建てのリノベなら、こんなこともできます。

パーティション感覚で空間を間仕切る。書斎やキッズスペースにいいアイデア。

マットな質感の玄関ドアは、既存に◯◯を塗ったもの。マンションのドアは共用部にあたるけど、専有部分にあたる内側は改造OKという場合もあります。

玄関ドアのざらりとしたメタリックな質感は塗装によるもの。こんな風に、既製品の質感を変えてしまう手もある。

エキスパンドメタルがはめ込まれたドアは、木で作ったフレームにアイアン塗料を塗って黒皮鉄風に。

玄関のスチールドアは、もともとの塗装を剥がしてメタリックな表情に。

モール柄の型板ガラスと濃紺の組合せがシックなモールディングドア。

窓付きドアやモールドパネルドア。さまざまなデザインのドアで通路を彩る。

1 | 2 | 3