ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

窓側の壁面がすっきりして見えるのは、壁をあえてふかして、シェードと壁の面が揃うように仕上げているから。AV棚の足元を浮かせているのも、すっきり感演出のポイント。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

玄関を広い土間空間にすると、さまざまな使い方ができる場になりそう。合板仕上げの壁と木の柱もカスタマイズのトリガーになる。

「住み方に合わせて間取りを変えられたら」。そんなわがままを叶えるべく、柱と柱の間に鴨居と敷居を付け、建具をはめ込んで好きに間取りをアレンジできるようにした空間。

左側の開口部の奥は玄関とサニタリー。配管などを通すためにできたフロアの段差を、TV台や小上がりのステップと連動させて内装の一部に。

ダウンライトを空間の隅のほうに配置し、ペンダントライトは吊るす位置を決めて引っ掛けシーリングを設置して、天井をすっきり。頭上の要素が少ないと、空間全体もすっきりして見えますね。

IKEAのクローゼットシステムをフル活用。床から浮かせているのは、お掃除ロボットによる掃除しやすさへの配慮。

玄関土間とフローリングの切り替わり部分に注目!「上がり框」と呼ばれる箇所なんですが、もし、ここが土間にべったりくっついていたら、どうでしょう。浮き上がるように納めたフローリングが軽やかな印象をつくっています。

パーティション感覚の間仕切り壁とワークスペースまで続くコンクリート躯体現しの壁が、実寸以上の広さを感じさせてくれる寝室。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

高さ1820mmのシナ合板壁の奥にあるのは、ワークスペースと寝室。天井まで壁をつくるのではなく、置き家具で仕切るような感覚で、狭苦しさを感じさせない空間に。

LDKにいる家族とコミュニケーションが取れる書斎。室内窓による間仕切りは、寝室や子供部屋にも応用できそうなアイデア。

デスクと棚を造り付けた書斎。引き出しもお揃いです。

色味の違う板をパッチワークしたようなパネルを貼ったキッチン。イエローの壁は実は黒板です。

キッチンの窓上に棚を取り付けて収納に。「隠す」と「見せる」の収納をバランスよく。

階段とリビングの間仕切りは、木の格子。光と風が抜け、気配も伝わります。

既存の壁仕上げを剥がして出てきたボンド跡を意匠として見せてしまうアイデア。

背後のスケルトン壁に負けないインパクトを放つ、古材調の板を貼ったキッチン。

乱尺貼りが人気のフローリングですが、こんな風に一定のリズムで貼るのも意匠性が出ていいですね。

シンクとコンロ付きの天板、換気扇が埋め込まれた棚だけのミニマムキッチン。キッチン天板を支える足もスレンダー。

半畳程度のスペースでも、専用の書斎って気分がアガる。部屋の一角にこんな空間がほしい。

中央のクローゼットの間には引き戸が仕込まれています。子供部屋づくりのヒントになりそうな事例。

チェッカー床とルーバー扉が成すトラッドな雰囲気を、ボンド跡を残したコンクリート壁がいい感じに着崩してくれてますね。

白い壁をくり抜いたみたいなキッチン。

天井高さが確保できれば、こんな床下収納付きロフトを作るのもアリ。

単管パイプで作ったハシゴで上るロフト。ステンシルで入れた文字が効いてます。

荒々しい床にトタンの壁、単管パイプと合板で作ったロフト。秘密基地のような無骨空間。

細めの羽目板貼りの壁と折り上げ天井がラグジュアリー感を漂わせています。

都心の夜景を眺めることができる部屋のために計画されたLED照明。これ自体が都会のネオンのようで情緒的。