ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

床に貼ったのはチークのヘリンボーンフローリング。板幅の細いとシックな雰囲気が高まりますね。コンクリート躯体現しとの相性もGOOD。

断熱をしっかりすれば、木造戸建てでもこんな開放的な空間づくりが可能に。 ライフスタイルの変化に合わせて壁をつくっていくような暮らし方も面白そう。

三角屋根がつくる陰影が美しい壁と天井は塗装仕上げ。わずかにグレーがかった白で、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

ダイニング上のペンダントライトは、ライティングレールからテグスで釣って位置調整。なるほどなアイデア。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

絵を飾ったりフラッグを付けたり。合板の壁は、気負いなくカスタマイズができそう。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

ダイニングの壁をボーダータイル仕上げに。こんなアクセントウォールも素敵ですね。

広々と感じるワケは、視界を遮るものや濃い色のものを目線高さに配置していないから。TV背面の壁だけ淡い水色にしてアクセントにしています。

広々とした土間玄関。子供たちとバタバタ帰宅したときも、広い玄関だとストレス少なく済みそうです。棚受けに板を載せたシンプルなオープンな靴棚も、誰の靴がどこにあるか一目瞭然。

天井高さ約245cmのマンション。布団を敷いたロフトは床面から天井まで約100cm、下のクローゼットは天井高さ125cm。梁が間仕切り代わりになっているももユニーク。

キッチンの対面に設けたオープンな洗面スペース。洗面器も水栓も、LDKのインテリアの一部に。

キッチンカウンターを挟んで、キッチンと洗面スペースが向かい合う。洗面の隣にはトイレと玄関があり、生活動線上にあるオープンな洗面は使いやすそう。

趣味のアトリエを仕切る金網の間仕切りがインパクト大。ライティングレールやスポットライト、棚受け金物やテーブルの脚など、パーツの素材や色を揃えてインダストリアルな雰囲気に。

プレハブ住宅のリノベーション。白と木でシンプルにまとめたインテリアに、現しにした軽量鉄骨の小屋組が引き立ちます。

プレハブ住宅のリノベーション。軽量鉄骨の小屋組を露出させて上部が広々開放的。照明の吊るし方もユニークです。

プレハブ住宅のリノベーション。外壁を造り変えて、窓の位置も一新しています。

無垢の床が廊下を特別な空間に。木製の玄関ドアも場の雰囲気を高めています。

キッチンからまっすぐに海が見えるLDK。ウッドデッキが高低差無く続いているのが開放感をアップさせていますね。

カウンター越しに眺めるダイニング。さまざまな素材が組み合わさりながらも、色調が揃っているので統一感を感じます。

収納たっぷりのキッチン。一部をオープンラックにすることで軽やかな印象になっています。

木と白のコンビネーションがモダンなキッチンと、焼き物独特の色むらが美しいタイルのコンビネーションが秀逸。

ホテルライクなベッドルームとバスルーム。ガラス壁は浴室の使用後にタオルで拭きあげているそう。日々のひと仕事にしておくほうが掃除も楽ですね。

板貼りの壁にはクローゼットの扉が潜んでいます。中のウォークインクローゼットはその先の個室へ抜けられるつくり。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

床もキッチンも変えたフルリノベ空間ですが、目透かし貼りの壁は塗り直しただけにするなど、既存を活かしてコストコントロール。

細長いボーダータイルは、上質で洗練された雰囲気。 床はハニカムタイル風のPタイルで、機能性とコストと見栄えを両立。

着目してもらいたいのは、窓辺のデザイン。 窓枠を隠して外の景色をフレーミングしつつ、細かい凹凸を少なくして空間をすっきりシャープに演出。

壁や天井はシンプルに仕上げつつ、適度に節のあるフローリングで床面に主張を。

明るい色のヘリンボーンフローリングと、黒い照明器具を取り付けたスケルトン天井とのコントラストが効いた空間。

1 | 2 | 3 | 4