ログイン
アカウントをお持ちの方
アカウントをお持ちでないの方
新規登録
お気に入り カートを見る サンプル請求
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

木と白のコンビネーションがモダンなキッチンと、焼き物独特の色むらが美しいタイルのコンビネーションが秀逸。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

断熱をしっかりすれば、木造戸建てでもこんな開放的な空間づくりが可能に。 ライフスタイルの変化に合わせて壁をつくっていくような暮らし方も面白そう。

三角屋根がつくる陰影が美しい壁と天井は塗装仕上げ。わずかにグレーがかった白で、落ち着いた雰囲気に仕上げています。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

壁に色や柄を取り入れて、お部屋に華やかさをプラス。空間に奥行きを演出する効果もあったりします。

絵を飾ったりフラッグを付けたり。合板の壁は、気負いなくカスタマイズができそう。

予算300万円でリノベした約90平米のワンルーム。スケルトン天井のガランとした空間は、それだけでもクール。

押入を改造して、こんな風な「見せる収納」を作ってもいいかも。左側の低い位置の棚は、飾り棚にもデスクにも使えそう。

白い100角タイルって、懐かしい雰囲気がありますよね。ステンレスと合板のキッチンにも似合ってます。

ダイニングの壁をボーダータイル仕上げに。こんなアクセントウォールも素敵ですね。

収納たっぷりのキッチン。一部をオープンラックにすることで軽やかな印象になっています。

ホテルライクなベッドルームとバスルーム。ガラス壁は浴室の使用後にタオルで拭きあげているそう。日々のひと仕事にしておくほうが掃除も楽ですね。

板貼りの壁にはクローゼットの扉が潜んでいます。中のウォークインクローゼットはその先の個室へ抜けられるつくり。

黒く塗装した梁とアイアン家具の黒がポイント。茶系素材で構成された空間をぐっと引き締め、まとめ上げています。

床もキッチンも変えたフルリノベ空間ですが、目透かし貼りの壁は塗り直しただけにするなど、既存を活かしてコストコントロール。

細長いボーダータイルは、上質で洗練された雰囲気。 床はハニカムタイル風のPタイルで、機能性とコストと見栄えを両立。

着目してもらいたいのは、窓辺のデザイン。 窓枠を隠して外の景色をフレーミングしつつ、細かい凹凸を少なくして空間をすっきりシャープに演出。

壁や天井はシンプルに仕上げつつ、適度に節のあるフローリングで床面に主張を。

明るい色のヘリンボーンフローリングと、黒い照明器具を取り付けたスケルトン天井とのコントラストが効いた空間。

壁仕上げに合わせて収納もラーチ合板で造作。空間に一体感が生まれます。

チョコレート屋さんの店内。チョコのイメージに合わせて、ソリッドな質感の素材やスクエアな造形を取り入れたデザイン。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

おとぎ話の世界につながっていそうなドアがかわいい。ベージュの壁もやさしい雰囲気をつくっています。

廊下のような縁側のような。ユニークな空間のつなぎ方です。

壁と同じく真っ白に仕上げた切妻型の天井。距離感が曖昧になって、天井をより高く感じさせます。

「主張しない」という主張があるカーテンレール。

マンションの共用通路との間に土間をつくって、間仕切り壁には室内窓を取り付け。音の漏れ対策をしつつ通風と採光を確保。

合板の壁にぽっかり空いた窓の向こうは浴室。窓越しに浴室の窓からん光を取り込むアイデア。

ペンダントライトを吊るしているのは、ライトの位置をくるりと変えられる装置。

1 | 2 | 3 | 4