ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

斜めのラインで塗装色を切り替えた壁面がユニーク。

グレーの床にホワイトの壁。幅木の木のあたたかみが、クールな空間のアクセントになっています。

ライブラリーコーナーを備えたトイレ。「トイレに収納」というアイデアは、洗剤のストック場所や掃除道具置き場にも活用できるかも。

グレーとホワイトのストライプ柄がブリティッシュな雰囲気。ゴールドのドアノブも利いています。

家族が毎日過ごすおうちだからこそ、トイレサインにも遊び心を。

サニタリーと廊下の仕切りはカーテン。入浴時以外は開けっ放しにすれば、湿気がこもらず、洗濯動線的にも便利そう。

深いブルーで塗装したドアが鮮やか。トイレ内は金物をアイアンで統一して白い壁面のアクセントにしています。

洗面器のサイドにスペースをつくった洗面台は、使い勝手が良さそう。空間も広々感じられますね。

寄木細工のような柄のクロスをアクセントにしたトイレ。一面だけでも色や柄を取り入れると空間に奥行きが生まれます。

深いブルーで壁を塗装したトイレは、気持ちがふっと落ち着きそう。

サニタリースペースの中にあるトイレ(ドア付き)。床はドア枠で仕上げを切り替えず、ひとつながりの仕上げに。

ネイビーの壁紙を空間のアクセントに。

壁の下部分だけタイル貼りに。昔の日本の家のお手洗いを思い起こさせる、玄人なレトロ感演出テクニック。

グレーのPタイル床と白壁というシンプルなトイレには、木のトイレットペーパーホルダーを合わせて彩りに。

洗面・トイレ・脱衣所を一体化。リビングに通じるドアは磨りガラス入りにして明るさと開放感を確保。

脱衣所と洗濯室、トイレを一室に。省スペース化しつつ場を広く使うアイデア。

トイレと洗濯機スペースを一緒にするという省スペースのアイデア。洗濯機上はあらかじめ棚を作り付けて機能的に。

トイレの背後に古材をプリントした壁紙を貼ってアクセントに。

作りが頑丈でボリューム感もあるマルチバーを、引き戸のハンドルに。シンプルな戸のアクセントにもなってます。

すっきり何もないトイレ空間。床のタイルと真鍮色のペーパーホルダーが印象的です。

トイレにスマホなどをおけるちょっとした棚があると便利。壁の上部に付けた扉付き収納は天井付けにせず、ちょっと間を空けて抜け感をつくっています。

白でまとめたサニタリー。家具のようなデザインの洗面台は、足元が浮いていて空間が広く感じられます。

空間そのものはシンプルですが、ペーパーホルダーやタオルハンガーを凝ったデザインのものにするだけで空間の見栄えが変わります。

壁の一面をアクセントカラーで仕上げたトイレ。使っているのは抗菌作用のある塗料。

アートとアクアリウムが飾られたギャラリーのようなサニタリー空間。ついつい長居してしまいそう。

白いシンプルな空間に、ちょっとだけ見せたコンクリート躯体壁が効いてます。木の天板や巾木もアクセント。

彫刻のような造形のドアノブがシンプルな空間のアクセントに。鍵にはあおり止めを採用。

収納の扉は、リノベーション前の内装で他の場所に使われていた扉を塗り直して再利用。使えるものは使う、リノベのコストダウンテクニック。

鮮やかカラーの壁紙を一面取り入れるだけで、トイレ空間の居心地はがらり変わります。

コンパクトになりがちなトイレも、色壁や間接照明などの工夫でゆとりを感じる空間に。

1 | 2