ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

正面のルーバー引き戸は浴室に続く脱衣所の出入り口。洗面台もダイニング側にオープンに配置して、空気がこもらず開放的なサニタリーづくり。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

洗面まわりの金物はゴールドカラーで統一。毎日使う洗面室は、気持ちいいと思える空間に仕上げたいですよね。

ランタン型タイルが華やかな洗面室。合わせるカラーをグレーとゴールドに絞って、完成度の高いインテリアに仕上げています。

トイレットペーパーホルダーやタオル掛け、そして床を黒系で統一。シンプルな空間にヴィンテージ感あるペンダントライトを添えてワンポイントに。

サニタリーと廊下の仕切りはカーテン。入浴時以外は開けっ放しにすれば、湿気がこもらず、洗濯動線的にも便利そう。

下部をオープンにした洗面台は、その時々の使い勝手に合わせてカスタマイズしやすそう。

深いブルーで塗装したドアが鮮やか。トイレ内は金物をアイアンで統一して白い壁面のアクセントにしています。

玄関を入ってすぐ、キッチンスペースの一角にある洗面スペース。帰宅後の手洗いがしやすく、壁幅いっぱいに貼った鏡は空間に奥行きを出す効果も。

漆喰と木のナチュラルなテイストに、スイッチプレートや水栓などのパーツで金属を取り入れてアクセントに。ロングカウンターは複数人で洗面室を使いたい時に便利そう。

湿気が篭りやすい洗面脱衣室は、ルーバー扉で通気性良く。声が通るので子供の様子が伺いやすいという利点もありますね。

リネストラランプと洗面台幅いっぱいのミラーで、広々すっきりな洗面室。身支度もしやすそうです。

ネイビーの壁紙を空間のアクセントに。

ガラス入りドアも収納扉も造作棚も、ラワンで造作して統一。収納扉の取手やハンガーバーもお揃いの素材で。

グレーのPタイル床と白壁というシンプルなトイレには、木のトイレットペーパーホルダーを合わせて彩りに。

無垢の木から切り出して作られたタオル掛け。壁面を飾るインテリアとしても映えますね。

洗面化粧台や壁面のパーツ、ブラインドの色味を揃えて、洗面空間をデザイン。床や壁の仕上げを劇的に変えなくても、素敵な空間はつくれる!

下部収納なしの洗面台で空間広々。ミラーを枠なしにして壁幅いっぱいに設置したのも空間広がり効果UP。

トイレにスマホなどをおけるちょっとした棚があると便利。壁の上部に付けた扉付き収納は天井付けにせず、ちょっと間を空けて抜け感をつくっています。

トイレ一体型のサニタリー。洗面器を載せた台をトイレの邪魔にならない形でギリギリまで伸ばして、小物置き場やスキンケア場所に。こんなちょっとしたスペースがあると作業に便利ですよね。

サブウェイタイルで仕上げたモールディング付きの洗面スペース。海外のアパートメントのような設えに、実験用流しがハマってます。

フローリングに木の洗面台で、居室のような居心地に仕上げた洗面室。右側の壁の上部にはスリット開口があり、LDK側から風と光が入ってきます。

洗面室の壁にはルーバー付きの室内窓を設置して、通気の良い場所に。窓の先にあるリビングで過ごす家族の様子も伝わります。

既存のタイル壁を上から塗装して、古い水まわりの印象をリニューアル。木枠の円型ミラーも場の雰囲気づくりを担っています。

洗面器の横にちょっとした作業ができるカウンターがあると、身支度にお化粧に洗い物にと、何かと便利そう。

洗面室は、意外と物が多い場所。収納は可動棚にしておけば整理整頓がしやすいですね。洗面器下の棚も可動&棚板追加ができるようになっています。

洗面器そのものはシンプルだけど、真鍮のタオル掛けやタイルで飾ればバランス良し。

素材や色味を揃えてコーディネートされた洗面室。長い洗面カウンターは、お化粧やアイロン掛けにも活躍しそう。

合板の壁に真鍮のタオル掛けを合わせて、上品さをプラス。

ミントグリーンの丸タイルがレトロかわいい洗面スペース。木の箱や板をDIYで取り付けて、オリジナルの収納計画。

1 | 2