ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

立体的な模様が施されたタイルを洗面まわりのインテリアのアクセントに。

レモン色の壁と濃紺のタイルの組み合わせがビビッド。

レモン色の壁と濃紺のタイルの組み合わせがビビッド。

ミントグリーンの丸タイルがレトロかわいい洗面スペース。木の箱や板をDIYで取り付けて、オリジナルの収納計画。

モールディングドアに白タイル、ハニカム型のタイルの組み合わせがアメリカンヴィンテージ。

モールディングドアに白タイル、ハニカム型のタイルの組み合わせがアメリカンヴィンテージ。

壁の一面をアクセントカラーで仕上げたトイレ。使っているのは抗菌作用のある塗料。

アートとアクアリウムが飾られたギャラリーのようなサニタリー空間。ついつい長居してしまいそう。

サブウェイタイルで仕上げたモールディング付きの洗面スペース。海外のアパートメントのような設えに、実験用流しがハマってます。

洗面室の壁にはルーバー付きの室内窓を設置して、通気の良い場所に。窓の先にあるリビングで過ごす家族の様子も伝わります。

既存のタイル壁を上から塗装して、古い水まわりの印象をリニューアル。木枠の円型ミラーも場の雰囲気づくりを担っています。

洗面器の横にちょっとした作業ができるカウンターがあると、身支度にお化粧に洗い物にと、何かと便利そう。

ロングカウンターな洗面台は、家事をしたりメイクをしたり何かと使い勝手が良さそう。

お気に入りのミラーの背景となる壁は、お気に入りのカラーで仕上げて。この洗面室で過ごす時間は、とても心地好さそう。

お気に入りのミラーの背景となる壁は、お気に入りのカラーで仕上げて。この洗面室で過ごす時間は、とても心地好さそう。

洗面台は既存を利用しつつ鏡付きの棚と吊り戸棚を造作して、空間の雰囲気を一新。

洗面室は、意外と物が多い場所。収納は可動棚にしておけば整理整頓がしやすいですね。洗面器下の棚も可動&棚板追加ができるようになっています。

収納の扉は、リノベーション前の内装で他の場所に使われていた扉を塗り直して再利用。使えるものは使う、リノベのコストダウンテクニック。

収納は洗面台の下にまとめて、目線高さから上は鏡のみですっきりと。

白いモザイクタイルにモルタルの洗面台。飾らないモノトーンの素材の中で、モダンなデザインの水栓が映えます。

下部がオープンな洗面台は空間広々。タイルで水はね対策をしつつ空間をドレスアップ。

洗面器そのものはシンプルだけど、真鍮のタオル掛けやタイルで飾ればバランス良し。

ハンガーバーとしても使える取っ手が便利そうな洗面台。

合板の壁に真鍮のタオル掛けを合わせて、上品さをプラス。

明るいトーンの木に濃紺を組み合わせてシックに。水はねに考慮したタイルがアクセントに。

コンパクトになりがちなトイレも、色壁や間接照明などの工夫でゆとりを感じる空間に。

アクセントに木を取り入れた洗面空間。ミラーボックスの両脇に棚を造作してスキマ活用。

こぶりな水栓がかわいらしい洗面スペース。

こぶりな水栓がかわいらしい洗面スペース。

1 | 2 | 3 | 4