ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

キッチンはあえて、昔懐かしい型のシステムキッチンをセレクト。レトロな100角の白タイルも床から天井まで貼ることで新鮮な表情。

下部収納なしの軽やかなキッチン。頭上高さも薄型のレンジフードと最低限のオープンラックですっきり。

キッチンの背面にはガラス張りのバスルーム!55㎡に夫婦二人暮らし、「窓越しに空を見ながら入浴したい」という夢を叶えたカタチ。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

オークの幅はぎ材で造作したキッチンの表面には「ガラス塗料」を塗装。ガラス質を含んだ塗料で、ガラス層を形成して防汚性や表面硬度などをアップできるのだそう。キッチンにシャープさが加わっています。

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

白と黒、ツートーンの細長いタイルで壁面を仕上げたキッチン。オープンラックの棚受けや直付け照明も黒で揃えて、凛とした印象に。

コンロの真上に浮遊するようにレンジフードを設置して軽やかに。梁の下にアームが曲がるライトを付けるアイデアもユニーク。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

窓辺の床を土間仕上げに。部屋の一部でありながら、通り道やインナーテラスのような場所にもなる。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

お気に入りのキッチンツールは安定感がある太めのバーに吊るして収納。

システムキッチン+木の腰壁とカウンター天板で制作したアイランド型キッチン。視界が開けていて気持ち良さそう。

可動アームタイプのブラケットライトは、作業に合わせて照らす位置が変えられます。

立ち上がり壁の上にキッチン天板と同じステンレスの笠木を被せて、システムキッチンをオリジナルキッチン的な佇まいに。眼から鱗のアイデアです。

窓辺にスッと伸びる長さ約6mのキッチンは、収納でありカウンターでありディスプレイコーナーであり。多用途に使えます。

動く範囲が少なく済みそうなL型キッチン。キッチンの下部は、既製品のワゴン収納が入るように設計してコストダウン&利便性を両立。

キッチンからガラス戸で仕切られた脱衣所兼洗面室。その向かいには浴室とトイレがあり、奥のホールへと続いています。家事機能が集約された便利な動線。

梁の下にライティングレールを付けそうなところを、梁の上に引っ掛けシーリングを設置して、長いコードでペンダントライトを吊るすアイデアが面白い。

同じプロポーションの建具がぐるりと空間を囲むLDK。アカシアフローリングと集成材で造作したキッチンが端正な空間のアクセントになっています。

ブラインドと腰壁で仕切った先は小上がり状のベッドルーム。床板は外せるようになっており、中は収納になっています。

染色したオークの突き板と真鍮の把手がシックな雰囲気を漂わせるキッチン。深いグリーンのタイルもベストマッチ。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

キッチンの横にカウンターデスク。料理の合間にパソコンを見たり、パソコンで作業をするパートナーと会話をしながら調理をしたり。便利な上に素敵な暮らしのシーンも生まれるアイデア。

IKEAのステンレスキッチンと厨房用のステンレス戸棚でまとめたキッチン。ガレージ用のツールキャビネットをキッチン収納に使っているのがユニーク。

フロアの中央に置いた間仕切り壁も、キッチンや収納と同じシナ合板で。壁というより家具のような存在感。

1 | 2 | 3 | 4