ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

下部収納なしの軽やかなキッチン。頭上高さも薄型のレンジフードと最低限のオープンラックですっきり。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

コンロやシンクに向き合う時間は意外に少ないもの。ミニマルな壁付けシステムキッチンに収納を兼ねた造作カウンターをプラスすれば、オリジナルキッチンの趣。リビングに面したオープンな洗面も使いやすそう。

オークの幅はぎ材で造作したキッチンの表面には「ガラス塗料」を塗装。ガラス質を含んだ塗料で、ガラス層を形成して防汚性や表面硬度などをアップできるのだそう。キッチンにシャープさが加わっています。

白と黒、ツートーンの細長いタイルで壁面を仕上げたキッチン。オープンラックの棚受けや直付け照明も黒で揃えて、凛とした印象に。

ステンレス天板、タイル、吊り棚、レンジフードの水平ラインがキリッとしていて心地いいキッチン。横方向への空間の広がりを強調する効果も。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

ノーマルなイメージの100角白タイルも、馬目地貼り&目地色をグレーにするとひと味違った雰囲気に。鉄の棚受けやハンガーバーもよく似合っています。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

手仕事感あるモルタルキッチンと、シャープなステンレス製作業台のバランスが小気味いい。

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

引出し付きの木のカウンターとモルタルを組み合わせたキッチンはオリジナル。

シンクのみの簡易キッチン。アイアン製ブラケットのシェルフは、棚板の高さや枚数が変えられて便利そう。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

タイルのソリッド感とカップボードの木のコントラストが良いバランス。

ラフなイメージが強いラワンですが、濃いブラウンの着色と真鍮製のシンプルな取っ手でシックな仕上がり。

手元が隠れる高さの壁で、キッチンの景色を切り取る。奥の白タイルが引き立ちます。

キッチンはレンジフードとコンロだけ変えて既存を利用。床や建具などまわりの内装を変えたことで、レトロかわいさが引き立つキッチンに。

可動アームタイプのブラケットライトは、作業に合わせて照らす位置が変えられます。

お気に入りのうつわたちを背後のタイルが引き立てます。ミラーLED照明で間接照明にしているのも映えポイント。

「L型キッチン+中央にテーブル」が便利そう!固定のカウンターではなく可動できるというところがポイント。背板にミラーを仕込んだ食器棚にもご注目。  

真鍮の棚受け金物に、真鍮のハンガーバーを組み合わせて、オリジナルのオープンラック。

吊り棚もキッチン下部も、扉や引き出しを付けないオープンスタイル。使い勝手に合わせてカスタマイズできる楽しみがありますね。

洗濯機も内蔵したキッチン。正面の引き戸の奥はルームテラスになっていて、洗濯物をすぐ干しに行ける動線計画。

コンパクトながら開放感を感じるLDK。家具の木の色味とフローリングや造作棚の色味を揃えていること、目線高さの要素を減らしていることが、空間をすっきり見せている理由。

キッチンと寝室の間の壁には丸窓が空いていて、顔を合わせてコミュニケーションできます。寝室は小上がりの床下を収納にして収納量をUP。

ダイニング上のペンダントライトは、ライティングレールからテグスで釣って位置調整。なるほどなアイデア。

ラーチ合板に厚さ3mmのステンレス板を載せたキッチンは、ラフ感とシャープ感が同居。吊り棚に仕込んだライティングレールのラインも効いています。

アームが曲げられる直付け照明をキッチンの手元灯に。照らしたい方向に向きを変えられるので、複数灯付けなくても済み、壁面に余裕が生まれます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5