ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

下部収納なしの軽やかなキッチン。頭上高さも薄型のレンジフードと最低限のオープンラックですっきり。

コンロやシンクに向き合う時間は意外に少ないもの。ミニマルな壁付けシステムキッチンに収納を兼ねた造作カウンターをプラスすれば、オリジナルキッチンの趣。リビングに面したオープンな洗面も使いやすそう。

オークの幅はぎ材で造作したキッチンの表面には「ガラス塗料」を塗装。ガラス質を含んだ塗料で、ガラス層を形成して防汚性や表面硬度などをアップできるのだそう。キッチンにシャープさが加わっています。

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

ペントハウス感満載のリノベーション・ルーム。鉄骨で組んだロフトが秘密基地感をUP。

白と黒、ツートーンの細長いタイルで壁面を仕上げたキッチン。オープンラックの棚受けや直付け照明も黒で揃えて、凛とした印象に。

コンロの真上に浮遊するようにレンジフードを設置して軽やかに。梁の下にアームが曲がるライトを付けるアイデアもユニーク。

ステンレス天板、タイル、吊り棚、レンジフードの水平ラインがキリッとしていて心地いいキッチン。横方向への空間の広がりを強調する効果も。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

業務用シンクや作業台を組み合わせたキッチン。背面のオープンラックはハンガーバーを滑り落ち防止に使っています。

手仕事感あるモルタルキッチンと、シャープなステンレス製作業台のバランスが小気味いい。

細部の収まりが美しいキッチン。テーパー形状のサブウェイタイルがノーブルな雰囲気を醸し出します。

モルタルの塊みたいなキッチンで、ナチュラルテイストな空間をきゅっと引き締め。フローリングの目地が黒いのもポイント!

シンクのみの簡易キッチン。アイアン製ブラケットのシェルフは、棚板の高さや枚数が変えられて便利そう。

ベージュ色の壁は珪藻土。あえてコテ跡を残して味わいを演出してます。

システムキッチン+木の腰壁とカウンター天板で制作したアイランド型キッチン。視界が開けていて気持ち良さそう。

システムキッチンの背面側に木の腰壁とカウンター板を添えて、オリジナルキッチンのような佇まいに。

立ち上がり壁の上にキッチン天板と同じステンレスの笠木を被せて、システムキッチンをオリジナルキッチン的な佇まいに。眼から鱗のアイデアです。

収納+キッチン+カウンターテーブルで総長約6m。眺めが良い窓に面したカウンターは、食事もお酒も仕事もお茶も、全部ここで過ごしたくなりそう。

「L型キッチン+中央にテーブル」が便利そう!固定のカウンターではなく可動できるというところがポイント。背板にミラーを仕込んだ食器棚にもご注目。  

梁から上の天井をチャコールグレーにペイント。空間が落ち着いた雰囲気に仕上がり、空間の水平方向への広がりも強調されています。

コーナーを45度で付き合わせたステンレス天板のキッチンがシャープ。側面に天板の木口を出さないデザインで軽やかに見せています。

吊り棚もキッチン下部も、扉や引き出しを付けないオープンスタイル。使い勝手に合わせてカスタマイズできる楽しみがありますね。

動く範囲が少なく済みそうなL型キッチン。キッチンの下部は、既製品のワゴン収納が入るように設計してコストダウン&利便性を両立。

梁の下にライティングレールを付けそうなところを、梁の上に引っ掛けシーリングを設置して、長いコードでペンダントライトを吊るすアイデアが面白い。

同じプロポーションの建具がぐるりと空間を囲むLDK。アカシアフローリングと集成材で造作したキッチンが端正な空間のアクセントになっています。

さまざまなテイストがMIXしたインテリアをまとめ上げているのは、ベージュ寄りのグレーでペイントした壁と天井。壁はテクスチャーを出すために、プラスターボードの「上」にGLボンドを塗ってからペイントしています。

ダイニング上のペンダントライトは、ライティングレールからテグスで釣って位置調整。なるほどなアイデア。

1 | 2 | 3 | 4 | 5