ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

ステンレス天板と脚のないオープン棚の組み合わせが、物量に反した軽やかな印象をつくっています。コンクリート躯体現し床は掃除も楽々だそう。

幅220mmのヘリンボーンフローリングが空間をゆったりと見せます。キッチンは床から浮いたように造作されており、壁と床の角が見えて広々感じられます。

色の濃淡と艶感がきれいなタイルをキッチンの顔に。白いキッチンとブルーの壁で一層さわやかな場所に。

キッチンはあえて、昔懐かしい型のシステムキッチンをセレクト。レトロな100角の白タイルも床から天井まで貼ることで新鮮な表情。

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

馬目地貼りのタイルとホーローキッチンがクラシカルな雰囲気。収納はすべて扉付きにして電子レンジもカウンターの中に。見せたい要素だけを見せる。

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

コンロの真上に浮遊するようにレンジフードを設置して軽やかに。梁の下にアームが曲がるライトを付けるアイデアもユニーク。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

コンクリート躯体壁と鉄の硬質な素材に、木でやわらかさを、白でさわやかさをプラス。天板と棚板の厚みが揃っていて、水平のラインがキレイ。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

キッチンの横にワークスペース。ちょっとお茶を淹れに行ったり、キッチンで作業する家族と会話しやすかったりといいことづくめ。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

ぐるりと回遊できるⅡ型キッチンは、料理も片付けもはかどりそう。合板の小口を見せたステンレス天板がシャープです。

引出し付きの木のカウンターとモルタルを組み合わせたキッチンはオリジナル。

モルタルの塊みたいなキッチンで、ナチュラルテイストな空間をきゅっと引き締め。フローリングの目地が黒いのもポイント!

コンクリート躯体の壁をきれいに見せたいと、棚受けを見せない仕様で取り付けた棚。合板の小口のラインと相まってシャープな雰囲気。

板幅が細いフローリングがどこかレトロな雰囲気で、家具や照明に馴染んでいます。ラフなコンクリート躯体現しとのギャップも良いですね。

コンクリート躯体現しの梁がゲートのように空間をゾーニング。白壁には棚などの造作を加えず、コンクリート躯体とのコントラストを際立たせています。

キッチンの天板の一部に貼ったのは、床にも使っているヘリンボーンフローリング。キッチンがキャビネットのような佇まいになっています。

深さが異なる引き出しを中に設けたキッチン。表側からは大きな引き出しひとつに見えるので、見た目がすっきりしています。

キッチンの足元にご注目。床面から浮かぶように造作しているので、奥行き深めの大容量キッチンでも印象が軽やかです。

上部に収納のないすっきりとしたキッチンは、奥行き780mmで造作。一般的なキッチンよりも深い奥行きにすることで下部収納の収納量が増え、作業面もたっぷり確保。

キッチンは既存のものの面材をオークの突き板に変更。オープン棚とレンジ類が置ける台を造作して、収納量と作業スペースを確保。

手元まで隠す高さの壁で囲んだキッチンは、システムキッチンをスペック。背面カウンターの下はオープンにして、お気に入りの収納アイテムで自分仕様に収納。

キャメル色のソファや床、躯体現しのラフな梁、そしてブルーが鮮やかなランタン型タイル。エキゾチックな雰囲気が漂っています。

中央の合板壁の部分は冷蔵庫や収納が隠れています。収納量を確保しつつ、見えるところはすっきり、視界もデザインされたキッチン。

ワンルームのセンターを飾るのはL型の造作キッチン。ベッドスペースとの間はガラス壁で仕切り、光と視線が抜ける開放的な空間。

設計時点で置くことを決めていたソファ。キッチン脇の動線を邪魔せず、すっぽり収まっています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9