ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

吊り棚の下の棚はエキスパンドメタル。フックを引っ掛けて、いろいろ吊るして収納するのに便利そう。

有孔ボードのキッチン、集成材のテーブル、タイル。異素材を同系色でまとめて。

ワークスペースの風景をトリミングするような壁の穴が面白い。

吊り棚は扉付き、天板下はオープンな収納にしたキッチン。下の棚の奥は配管が通っており、棚の奥行きは40cm弱と深すぎず、使いやすそう。

窓辺の床を土間仕上げに。部屋の一部でありながら、通り道やインナーテラスのような場所にもなる。

余計な突起のない天井面が、インダストリアルなペンダントライトの存在感を引き立てます。

キッチンからまっすぐに海が見えるLDK。ウッドデッキが高低差無く続いているのが開放感をアップさせていますね。

キッチンの横に設けたカウンターデスクは、家事の合間にパソコン作業や息抜きができて便利そう。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

構造用合板のラフな壁に、キレイめ木目のカウンター収納をオン。参考にしたい「木×木」の組み合わせ方。

三角形のキッチンでリビングとダイニングをゾーニング。左側の玄関から右奥の寝室までの距離感をつくるための仕掛けでもあります。

トライアングルキッチン!コンロ側の壁一面に貼った鮮やかなタイルもインパクト大。

合板で作ったお揃いのキッチンとベンチ。どっしりした存在感を放つデザインで、家族団欒の中心になる場所を演出。

コンクリートとステンレスと古材調の板で仕上げたキッチン。そこだけ白く塗った柱がアクセントです。

既成のシステムキッチンの収納扉を木に、取っ手もお気に入りに変更。賢く手軽なオリジナルキッチンの手に入れ方。

使われているタイルは「二丁掛」と呼ばれるサイズ。横長のプロポーションが空間をのびのび見せてくれます。

斜めに貼られた大ぶりなタイルが印象的。こうした貼り方は「四半目地」というそう。

ステンレスと足場板の古材のラフな雰囲気に、白タイルでカッチリ感をプラス。

板張りのキッチンは、床からちょっと浮いたように見えるデザイン。フローリングとメリハリを付けるためのテクニック。

X型の木は、壁を壊して出てきた筋交い。構造上壊せないなら、インテリアとして見せてしまうというアイデア。小屋っぽい雰囲気を生むのにも一役買ってます。

ブラウンにオイル塗装したラワン合板と型板ガラスの組合せがレトロです。

キッチンカウンターの側面はオリジナル造作したモルタルブロック。異なる色や形が面白い。

不揃いな板幅の羽目板壁。エイジング塗装が味わいをUP。

棚や天板に使われることの多い集成材ですが、こんな風に面を見せるのもアリ。下部は質感豊かな塗装です。

ハシゴが付いたブルーのボックスの中はトイレと浴室。天高を抑えて上部をロフトにするアイデア。

レトロなタイル柄のクッションフロアでキッチンをイメチェン。既存の床の上から貼れるから簡単です。

業務用コンロにステンレスの組み合わせは、キッチンというより“厨房”。

キッチン収納の扉はナラの突板貼り仕上げ。家具のような洗練された出で立ち。

フローリングを積み重ねたようなデザインを施した段差部分。重厚なH鋼を支えてるイメージ。

1 | 2 | 3