ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

梁下ギリギリまで、柱ギリギリまで棚をつくると圧迫感が出そうなところを、少し余白を残して抜け感を演出しています。差し色も効いてる!

白い壁天井と、木の壁と床。キッチンや家具に至るまで統一された色のコントラストがきれい。

オークの幅はぎ材で造作したキッチンの表面には「ガラス塗料」を塗装。ガラス質を含んだ塗料で、ガラス層を形成して防汚性や表面硬度などをアップできるのだそう。キッチンにシャープさが加わっています。

キッチンの横にカウンターデスク。料理の合間にパソコンを見たり、パソコンで作業をするパートナーと会話をしながら調理をしたり。便利な上に素敵な暮らしのシーンも生まれるアイデア。

フレームと天板のみのキッチンに、合板の棚。背景となる壁にはシックなタイルを貼って、適度にカジュアルなキッチンに仕上げています。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

ツヤ感のある白タイルがサブウェイタイル風。キッチンに貼った板も幅細めなので、スマートな印象に仕上がってます。

ダイニングからキッチンまで連続した収納が壁面を彩っています。背板をなくし、真ん中ラインを開けて圧迫感が出ないようにしているのもポイント。

ペントハウス感満載のリノベーション・ルーム。鉄骨で組んだロフトが秘密基地感をUP。

モルタルの塊みたいなキッチンで、ナチュラルテイストな空間をきゅっと引き締め。フローリングの目地が黒いのもポイント!

シンクのみの簡易キッチン。アイアン製ブラケットのシェルフは、棚板の高さや枚数が変えられて便利そう。

ベージュ色の壁は珪藻土。あえてコテ跡を残して味わいを演出してます。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

ブラインドと腰壁で仕切った先は小上がり状のベッドルーム。床板は外せるようになっており、中は収納になっています。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

生活感の出る要素がリビング側から見えないよう、キッチン背面の収納は低く造作。レンジフードはつけず、ダウンライトを仕込んだ下がり天井に換気扇を埋め込んでいます。

コンクリート躯体壁と鉄の硬質な素材に、木でやわらかさを、白でさわやかさをプラス。天板と棚板の厚みが揃っていて、水平のラインがキレイ。

趣味のコーヒーを淹れるためのアイテムは見せて収納。2方向から出入りできるパントリーも設けた、「見せる」と「隠す」のバランスが心地いいキッチン。

吊り棚は扉付き、天板下はオープンな収納にしたキッチン。下の棚の奥は配管が通っており、棚の奥行きは40cm弱と深すぎず、使いやすそう。

吊り棚は扉付き、天板下はオープンな収納にしたキッチン。下の棚の奥は配管が通っており、棚の奥行きは40cm弱と深すぎず、使いやすそう。

シナ合板とシナランバーで作ったキッチン。シンク一体型で造作したステンレス天板は厚さ1mmで、小口部分がシャープな仕上がり。

窓辺の床を土間仕上げに。部屋の一部でありながら、通り道やインナーテラスのような場所にもなる。

窓辺の床を土間仕上げに。部屋の一部でありながら、通り道やインナーテラスのような場所にもなる。

カウンターキッチンのダイニング側に設けた小引き出し。キッチンに家具っぽさをもたらしています。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8