ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

キリッとした印象のヘリンボーンフローリングと、ラフな雰囲気のOSB合板の床という組み合わせがユニーク。コンクリート躯体壁が両者のバランスを取り持っています。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

電線管で天井をデザイン。見上げたときの景色も抜かりなく。

四角くくり抜かれた白壁、コンクリートの壁天井、鏡面仕上げされた窓辺。アートと名作家具に囲まれて暮らすことをテーマにつくられた、ギャラリーのような空間。

白いシンプルな空間に、ちょっとだけ見せたコンクリート躯体壁が効いてます。木の天板や巾木もアクセント。

土足用フローリングの荒々しかった表面をヤスリがけして、風合いのある顔に。

圧迫感が出がちな壁付けTVですが、あらかじめ凹みをつくった壁にオンすることで解決!

マットな艶感のある塗装壁と、オリジナルブロックのカウンター、合板貼りのキッチン。メリハリの効いた素材使い。

枠のない窓。奥の部屋のコンクリート壁がトリミングされて、アートみたいに見えるのが面白い。

ヘリンボーン貼りの床…じゃなくて壁なんです。フローリングの意匠を壁で楽しむのも面白いですね。

2種類の幅のフローリングをミックス貼り。床面にリズムが生まれてますね。

ハンモックを吊るしたセカンドリビングを兼ねる玄関。土間の空間は多用途に使えますね。

既存の天井仕上げを撤去すると、こんなに天井が高くなることもあるんです。

コンクリート壁&天井に足場板の床。倉庫をリノベしたようなクールな空間ですが、ここはマンションの1階住戸。

ガレージと土間と庭が合体!飛び石を渡ってリビングと寝室を行き来する、平屋っぽい空間。

配管も露出したスケルトン天井が、男前なソファに似合います。

ドアにはノブ、と考えてしまいがちだけど、こんなゴツめのハンドルを付けるのもいい。既製品をブルーに塗装した扉との相性も注目。

既存仕上げを解体し、好みの表情になるまでサンダーで磨き上げた、施主渾身のコンクリート壁。スイッチはプレート待ち。  

側板にも棚板を付けた本棚で、「しまう」と「飾る」を使い分け。

アーチ型の梁型がどこかヨーロッパの雰囲気。

「昔のヨーロッパ」という住まい手のイメージから連想し、梁のコーナーをアール型に。

半地下みたいな寝室にロフト!マンション1階住戸なんですが、なんと床基礎がなく土の状態だったので、掘り下げたんだそう。