ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

LDKの壁一面を収納に。上部はオープンラック、下部は扉付きにして、見せる・隠すをバランス良く。

クローゼットの上部に注目。収納場所に困りがちな帽子も、これならホコリかぶりを防ぎつつ収納できます。

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

置く、吊るす。壁の上部を収納に活用すれば、床が広々使えます。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

右奥の収納があるスペースは、あとから壁や引き戸をつけて個室にすることもできそう。 室内窓もあり、フレキシブルに使える場。

ワイルドな表情の引き戸は、普通のフラッシュドアに薄くスライスした足場板を貼ったもの。インパクトあります。

テラスのように使ったり、服を干したり、書斎にしたり。窓辺に土間をつくると、場の使い道が広がります。

LDKの隣に和室。小上がり上なら腰掛けやすく、目線高さも揃います。

足場板で覆ったカウンターがキャッチー。天板のステンレスがシャープ感をプラス。

フローリングに対して斜めに配置された壁。空間に不思議な奥行きが生まれます。

タイルで描いた青と白のストライプ模様。斜めのライン&鏡への写り込みで奥行き感UP。

アンティークの和建具が部屋のインテリアのキーポイントに。建具の存在感は意外と大きい。

ワークスペースの風景をトリミングするような壁の穴が面白い。

玄関からヘリンボーンフローリングに導かれて室内へ続く。収納の天板も床とお揃いで印象的に。

荒々しい躯体と綺麗に仕上げた部分のバランスが心地いい。服を掛けた梁下のハンガーバーは真似したいアイデア。

オイル塗装で木目を際立たせ、適度なツヤ感を出した杉の無垢フローリング。木の質感が活きています。

余計な突起のない天井面が、インダストリアルなペンダントライトの存在感を引き立てます。

キッチンからまっすぐに海が見えるLDK。ウッドデッキが高低差無く続いているのが開放感をアップさせていますね。

間仕切り壁を天井まで作らず、抜けをつくって空間に奥行きを演出。リビングドアをガラス入りにしているのもポイント。

デコラティブ過ぎない大柄のパーケットフローリング。ホワイトのオイルで塗装して、穏やかな雰囲気に仕上げています。

カーテンのサイズを窓の高さではなく、天井高さに合わせる!参考にしたい、天井を高く感じさせるテクニックです。

引戸付きの収納の上部はオープンに。こういうフリーな収納スペース、結構重宝します。

三角形のキッチンでリビングとダイニングをゾーニング。左側の玄関から右奥の寝室までの距離感をつくるための仕掛けでもあります。

トライアングルキッチン!コンロ側の壁一面に貼った鮮やかなタイルもインパクト大。

上がり框なく、フラットにリビングとつながる玄関。空間に広がりを感じますね。

節目が荒々しいフローリングがモルタルの質感にマッチ。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

階段とリビングの間仕切りは、木の格子。光と風が抜け、気配も伝わります。

1 | 2 | 3 | 4 | 5