ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

正面のルーバー引き戸は浴室に続く脱衣所の出入り口。洗面台もダイニング側にオープンに配置して、空気がこもらず開放的なサニタリーづくり。

ゲストを招く機会が多い住まい手の家。ゲストも使うサニタリーは、ランドリースペースをカーテンで目隠し。

色の濃淡と艶感がきれいなタイルをキッチンの顔に。白いキッチンとブルーの壁で一層さわやかな場所に。

スクエア型のタイルとラウンド型の照明付きミラー&洗面ボウルの組み合わせがアーティスティック。定番モノの100角タイル、IKEAのミラーという、アイテムの組み合わせにセンスを感じます。

キッチンはあえて、昔懐かしい型のシステムキッチンをセレクト。レトロな100角の白タイルも床から天井まで貼ることで新鮮な表情。

丸タイルの有機的なパターンは施主自ら組み合わせたもの。洗面器の横の作業スペースは、メイクをしたりちょっと物を置いたりと重宝しているそう。

タイルを貼った窓台。 こんな風に仕上げにひと工夫すると、窓辺が飾りがいのある空間に変わります。

壁に貼っているのは、レンガをスライスしてタイル状にした「スライスレンガ」。レンガ造りの建物のような風情が出てます。

馬目地貼りのタイルとホーローキッチンがクラシカルな雰囲気。収納はすべて扉付きにして電子レンジもカウンターの中に。見せたい要素だけを見せる。

キッチンの対面に設けたカウンターテーブルと上部のペンダントライトがカフェ気分。カウンター天板の上のタイル貼りが雰囲気を一層アップ。

青みがかったグリーンのタイルとブラウンに着色した木のキッチンがレトロな味わい。

サブウェイタイルの光沢がシンプルな空間にシックな雰囲気をプラス。ところどころにコンクリート躯体現しを盛り込んでいるのも、インテリアに抜け感をつくっています。

キッチンの奥にあるのは洗面室と浴室。さらに、キッチンの手前側にはバルコニーがあり、料理の合間に洗濯をしたり干したりと、家事がとっても効率的にできそう!

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

約1.2m四方のアイランドキッチン。複数人での調理もティータイムにもちょうど良いサイズ感。

床から天井いっぱいまで白タイル貼りにしたキッチンは、お店の厨房のような雰囲気。

棚の間隔にメリハリをつけてみる。収納するのに工夫が要りそうですが、見せ方を工夫したくなります。

引出し付きの木のカウンターとモルタルを組み合わせたキッチンはオリジナル。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

ダイニングの壁をボーダータイル仕上げに。こんなアクセントウォールも素敵ですね。

焼物らしい質感を持つタイルが、甘過ぎない渋レトロな雰囲気をつくってます。

洗面まわりの金物はゴールドカラーで統一。毎日使う洗面室は、気持ちいいと思える空間に仕上げたいですよね。

ランタン型タイルが華やかな洗面室。合わせるカラーをグレーとゴールドに絞って、完成度の高いインテリアに仕上げています。

キッチンが収まるタイル壁の高さに合わせてダイニング側の壁も腰高さまでペイント。目線高さの視線の抜けが強調されますね。

ブルーが鮮やかなランタン型タイルとマスタード色の吊り戸棚がキャッチー。ワークスペースの背後はパントリーになっています。

大きな鏡と洗面器横のカウンターが、二人で使う時も便利そうな洗面室。馬貼りしたタイルとマリンランプがアクセント。

躯体をグリーンで塗った壁、白タイル貼りの壁、黒壁、木のキッチンと、パッチワークのように色と素材が組み合わさった様が面白い。

リビングから一段下がったダイニングは、床仕上げも変えて異なる居心地に。ダークグレーの土間床とグリーンの壁がラフ感のある家具によく似合っています。

カーテンで仕切ったクローゼットの横に配置した洗面台は、身支度に便利そう。床面が奥まで見える収納計画で、空間をすっきり広々感じられるようにしています。

ステンレス天板と墨色の化粧パネルで造作したキッチン。エッジの処理がシャープです。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9