ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

畳床に対して下の収納部分は少し小さめに。ちょっとしたことですが、床が広く見えます。小上がりに縁がないのもポイント。

ベージュ色の壁は珪藻土。あえてコテ跡を残して味わいを演出してます。

水彩絵の具で描かれたようなサインは、漆喰塗りになんと色鉛筆仕上げ!

型板ガラスの室内窓で、玄関につくった土間越しに採光する寝室。マンションの共用通路を行き来する人や物音を気にせず休めそう。

絶妙なツヤ感とムラ感がある壁仕上げは、イタリア生まれのスタッコ(漆喰)。陰影が空間に奥行きをつくります。

外装の一部に下見張りされているのはフレキシブルボード!どんな経年変化をするのか気になりますね。

窓の上や柱と窓の間に棚を仕込めば、写真や雑貨を飾るちょっとしたギャラリーに。

窓の上に取り付けた棚に間接照明を仕込んで。

壁の棚に着目!手前に少し飛び出した棚板は、ぴっちりモノをしまってもぎゅうぎゅうに見えない効果が。  

天井は白く塗装、梁はそのまま。梁も白くするとそのボリュームが気になるので、コントラストで天井の高さを際立たせるという策略。

ラワン合板でできた箱状の壁で部屋を仕切る。箱の中は収納になっています。

リビングにはソファ、じゃなくて、こんなベンチを造っておくのもいいかも。サイドテーブルも収納も兼ねる多機能さ。

ヘリンボーン、パーケット、ホワイト、ダークブラウン、ライトブラウン…。さまざまな貼り方と色と素材がミックスした、パッチーワークみたいな床がかわいい。

ラフな空間で使われるイメージがある足場板の床ですが、こんな和ヴィンテージなインテリアにも合うんです。

ありきたりな壁紙とはひと味違うこの質感。漆喰の壁は、光も影も美しく見せます。

玄関から続く土間床の空間。収納だけじゃなくちょっとした作業にも使えそう。

隠す収納と見せる収納のメリハリが効いてます。

オーディオの上部はCDや本にジャストなサイズで造作した棚。

リビングの一角に板壁のワークスペース。空間のワンポイントになってます。

数種類の型板ガラスと透明ガラスで作った窓が印象的。

無機質な素材であるモルタルも、左官の技で風情ある趣になる。

クロスを貼った上から珪藻土を部分的に塗って。 あえて「やりかけ」感を残す。

家具みたいなキッチン。そのワケは、浮かせた足元と壁埋め込み式の換気扇。

スパッと水平にスリットが入った四角いブース。籠り感と抜け感を同居させるデザイン。

出入り用の間口までスッパリ。ヘアサロンだけに、デザインの切れ味も鋭い。

小上がりを垂れ壁で囲んで半個室っぽく。内側の居心地が気になります。

上下対称なアート的空間。ぽっかり空いた口のような通路は鉄板仕上げ。

生えていた形のままの木や、真っ直ぐに製材されていない板など、素朴なインテリアがどこか異国の香り。

幅広の板で組んだヘリンボーンの床は、どっしり重厚感と貫禄アリ。

ざっくりとした質感の壁は、消石灰に石を混ぜた左官材。扉は塗ってヤスって味を出す。

1 | 2