ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

住人の友人が余ったフローリング材でDIYしたというテーブルがいい味出してます。カーテンの質感にも合ってる。

キッチンを覆う壁に羽目板張りしたのは、アメリカの工場で100年以上使い込まれてきたというフローリング。

ベッド部分の床仕上げはカーペット。間仕切りを作らずに、こんな方法でゾーニングするのもアリ。

濃紺のカーペットが、カラフルな壁や家具たちを引き立てつつもまとめ上げています。

電線管で天井をデザイン。見上げたときの景色も抜かりなく。

階段下にベッドを配置してスペースを有効活用。屋根裏的気分が味わえそうです。

2つの戸と間の壁を黒板塗料で塗装。ルームサインをチョークで描いてもいいかも。

木目が印象的なフローリングはミモザ。重厚感と高級感がある樹種です。

天井はラワン合板貼り。大判で貼った合板の雰囲気がそうさせるのか、大らかな印象の空間。

箱のように置かれたトイレの奥はウォークスルークローゼットで、リビングにつながっています。クローズドな空間のない、光と風が抜ける回遊性のある間取り。

縦向きに並べた板を横断するように、横向きの板がライン上に走るフローリングは、「朝鮮貼り」と呼ばれる貼り方。整然とした印象の床になりますね。

サッシの木枠に、カウンター、試着室の壁。使う木の素材を、木目の印象がやわらかな白木に統一して空間をデザイン。

床仕上げは、セメントと補強繊維が主原料の不燃材であるフレキシブルボード。モルタル床よりもやわらかい表情で、ハンドメイドの編み物などを扱うお店の雰囲気にマッチ。

枠の中をガラスにした引き戸と、枠の中を布にした引き戸。機能性とインテリア性を兼ね備えた建具の使い方。

窓辺を木製ガラス引き戸で仕切って、懐かしい縁側のようなスペースに。

リビング・ダイニング・寝室が、異なる床高さでひと続きになる空間。段差に腰を掛けたり、背を預けたりといった使い方もできそう。

鴨居と敷居を頼りに、建具や可動収納で間仕切ることができる空間。どんな形で部屋を仕切るか考えるのが楽しそう。

コンクリート躯体の荒々しさを残してインテリアのアクセントに。ラフな雰囲気がグリーンにもよく似合う。

バルコニー側を土間床にした空間は、インナーバルコニーのよう。

シンプルなファサードに木製の玄関ドアが彩りを添えています。

“時間とともに「醗酵」していくような素材選び”を意識してリノベーションしたというこちらの事例。時を重ねることが楽しみになりそうな空間です。

間仕切り壁を天井まで作らず、抜けをつくって空間に奥行きを演出。リビングドアをガラス入りにしているのもポイント。

格子でゆるくLDKと仕切ったキッズスペース。扉が必要になったら外して付け替えることも。

無印良品のファイルボックスの奥行きに合わせて造作したオープンラック。棚受けの取り付け間隔は狭めにして、荷重に考慮。

壁や天井はシンプルに仕上げつつ、適度に節のあるフローリングで床面に主張を。

室内窓を取り入れる家が増えているけれど、こちらはなんと障子!モダンなデザインのものを選べば、洋の空間にも馴染みます。

上がり框なく、フラットにリビングとつながる玄関。空間に広がりを感じますね。

隣り合う窓同士のカーテンレールをひと続きに。壁に掛かる部分には、こんな風にものを吊り下げて飾ってもいいですね。

窓の上に取り付けた棚に間接照明を仕込んで。

アンティークのガラス窓をふたつ組み合わせてドアに。なるほど!なアイデア。

1 | 2 | 3 | 4