ログイン 新規登録
STORE
IMAGEBOX
条件を変更:
×
×

カウンター兼シェルフでキッチンをゆるく仕切る。奥にチラリと覗くタイルがポイント。

壁の一部を合板貼りにした土間空間は、フレキシブルに使えそう。

絶妙な色合いがきれいなタイルは、お施主様が個人輸入で施主支給したというヒースセラミックスのタイル。

「間柱」と呼ばれる柱と柱の間に入れる材とラワン合板でDIYした間仕切り壁に、小物や絵を飾ってみる。

壁ではなく、棚で空間を仕切るアイデア。ただしまうだけの棚じゃないから、「見せる」にもこだわって造作。

住人の友人が余ったフローリング材でDIYしたというテーブルがいい味出してます。カーテンの質感にも合ってる。

押入を改造して、こんな風な「見せる収納」を作ってもいいかも。左側の低い位置の棚は、飾り棚にもデスクにも使えそう。

荒々しいコンクリートに、杉やシナなどのやわらかい表情の木をコーディネート。

床から天井いっぱいまで白タイル貼りにしたキッチンは、お店の厨房のような雰囲気。

天井の「仕上げ材だけ」を撤去して、天井根太はそのまま残した天井がユニーク。

キッチンを覆う壁に羽目板張りしたのは、アメリカの工場で100年以上使い込まれてきたというフローリング。

ベッド部分の床仕上げはカーペット。間仕切りを作らずに、こんな方法でゾーニングするのもアリ。

既存の仕上げを取り払ってスケルトンにした天井の最高高さはなんと3.6m!映画に出てきそうな部屋です。

畳床に対して下の収納部分は少し小さめに。ちょっとしたことですが、床が広く見えます。小上がりに縁がないのもポイント。

濃紺のカーペットが、カラフルな壁や家具たちを引き立てつつもまとめ上げています。

電線管で天井をデザイン。見上げたときの景色も抜かりなく。

電線管で天井をデザイン。見上げたときの景色も抜かりなく。

階段下にベッドを配置してスペースを有効活用。屋根裏的気分が味わえそうです。

部屋に土間があると、空間の使い道が広がりそう。こちらの部屋の土間は壁に沿って玄関まで続いています。

棚の間隔にメリハリをつけてみる。収納するのに工夫が要りそうですが、見せ方を工夫したくなります。

2つの戸と間の壁を黒板塗料で塗装。ルームサインをチョークで描いてもいいかも。

タイルを貼った窓台。 こんな風に仕上げにひと工夫すると、窓辺が飾りがいのある空間に変わります。

ソファの後ろの壁にはめ込んだのは、室内窓代わりに取り付けた鏡。写り込みによって広がりのある空間になっています。

ミントグリーンの丸タイルがレトロかわいい洗面スペース。木の箱や板をDIYで取り付けて、オリジナルの収納計画。

バスタブとは別に独立させたシャワーブースがあるサニタリー。モノトーン配色のタイルとトイレの組み合わせがクラシカル。

ツヤ感のある白タイルがサブウェイタイル風。キッチンに貼った板も幅細めなので、スマートな印象に仕上がってます。

モールディングと呼ばれる化粧縁を施して、クラシックな出で立ちに仕上げたカウンター。

レンガ積みの柱のような壁が空間のポイントに。空間を仕切るオーダーメイドのシェルフの存在感も大。

手書き風フォントが味わいあるサインペインティング。

こちらはエキスパンドメタルを使った間仕切り。採光や通気を確保したい場面に、意外と使えます。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9