ログイン 新規登録
条件を変更:
×
×

お店のカウンターみたいなキッチン。モルタルやスチールなどのハードな素材がインパクト強め。

表情のあるグレーの壁と飴色のヘリンボーン床が織りなす、ヴィンテージな雰囲気にうっとり。

ブルーグリーンの壁の中はサニタリー。そのまわりをぐるりと回遊できる間取り。建具を設けないことで視線が四方に抜けて広がりを感じられます。

建具ではなくカーテンで隠せるクローゼット。玄関からすぐアクセスできて身支度が便利そう。

玄関から寝室へ続く通路を兼ねるウォークインクローゼット。「家族しか入らない場所」を見極めて、スペースを有効活用するアイデア。

「大正ロマン」がテーマのマンションリノベーション。漆喰仕上げと化粧梁で、古い洋館のような雰囲気づくり。

システムキッチン+木の腰壁とカウンター天板で制作したアイランド型キッチン。視界が開けていて気持ち良さそう。

シングルの中古マンションリノベーション。ベッドが置ける最低限サイズの寝室はパーティション感覚の壁で仕切って、明るさや広さを家全体で感じられるようにプランニング。

システムキッチンの背面側に木の腰壁とカウンター板を添えて、オリジナルキッチンのような佇まいに。

コーナーに造り付けにしたL型ベンチソファが古い洋館のよう。長く使い込まれたような表情の床も雰囲気を高めています。

2階のインナーバルコニーを吹き抜けから見下ろしたところ。インナーバルコニーなら室内の延長としても使えますね。

木の表情が温かみを感じさせる空間。実は、壁は淡いピンク色で塗装されていて、それも温かみの演出につながっています。

リビングと寝室の仕切りはファブリック。タペストリーのように下部に重りが入っていて、スライドさせて開閉できるようになっています。

躯体現しの床と天井に、ラーチ合板で造作した壁や階段兼本棚。スケルトン&インフィルなリノベーション空間。

重厚感ある素材でまとめた空間。黒い間仕切り壁の上部の空きや、白壁、玄関までの見通しで“抜け感”をつくっているのがポイント。

白タイル貼りのバスルーム。浴槽から上の壁は自由に仕上げられるハーフユニットバスを採用。

床と壁に貼った合板は染色塗装。木目の主張が強い針葉樹合板も、こんな仕上げなら軽やかな印象に。

天井の「仕上げ材だけ」を撤去して、天井根太はそのまま残した天井がユニーク。

天井仕上げを撤去して現しにした小屋裏を利用してロフトを造作。こんな秘密基地がほしい。

個室の引き戸を開けると一室空間になる間取り。棚やキッチンカウンターの内側に差し色を入れるアイデアが面白い。

X型の木は、壁を壊して出てきた筋交い。構造上壊せないなら、インテリアとして見せてしまうというアイデア。小屋っぽい雰囲気を生むのにも一役買ってます。